FC2ブログ



 この記事はツイッターで募集した表題の内容について、お題箱宛に頂戴したご意見を整えてまとめたものだ。オナニー初期にどんな方法でやっていたか、これからはどうすれば良さそうかなど、現時点でクリオナの絶頂経験がなくそれを欲している女性の皆様に役立つ情報が含まれていることを願う。

募集内容
 今はクリオナニーでイける貴女も、まだイけないけど気持ちよかった頃があったかと思います。貴女がクリオナでイけるようになったきっかけや当時感じた前兆、あるいはイけるようになった貴女なりの工夫を募集します。

頂いた投稿より
・興味本位で触り続けたのがきっかけだったかと。最初はひたすら触るだけで少しもぞもぞする感覚に満足を覚えて、そこからずっと触ってると身体に電気がじわっと走ったような感覚でイけました。道具に頼ってとりあえずイク感覚を覚えても楽そうですね。私は指を震わせてクリに当ててイくようになってます。強めの水圧でシャワーを当ててもイけた。

・クリオナした後に尿意を感じることはあるが、クリオナでイくまえに尿意を感じることはない。私の場合、尿意は絶頂のサインではない。

・クリオナのきっかけはウォシュレット。なんとなく快感は感じたものの長時間は行えず、それから自分で触ったりシャワーをあてたりと変化していきました。手がしびれるくらいずーっと動かし続けたら、力が抜けるような一番気持ちいい感覚がやってきて、終わると尿意を感じることが多かったです。小四の頃の記憶。

・おしっこを我慢する漫画を子供の頃に読み、そこから我慢=気持ちいいという感覚を持ち、おしっこ我慢しながらの角オナでクリイキ→膣内の気持ちよさへと目覚めていきました。未だに尿意がきっかけでムラムラします。

・クリを本当に優しく優しく刺激するとイけました。男性にやってもらうと、どうしても刺激が強いです。優しく撫でるようにすると良いと思います。

・小学校5年位でシャワーオナニーを始めました。初めはなんか変な感じ…という感覚でしたが、ずっと当てていてそのうち脚に力を入れると快感が増すことに気が付き、いわゆる足ピンオナニーを覚えました。そのシャワーオナニーもクリに当てると気持ちがいいと分かってからはシャワー以外の方法でもクリオナニーをするようになりました。
 当時はイく感覚がよくわからず疑問を覚えていましたが、大人になって確証的な知識を経て、当時も自分がイッていたということに気が付きました。

・あえておしっこを我慢しながら、クリをいじっていたような記憶があります。

・初めてのクリオナは小学3年生頃に知り、クリトリスを指で左右に押し潰す様な触り方をしてたのですが身体がビクビク動いて痛いのかなんなのかよく分からなかったです。でも、押し潰す様な触り方から指で円を描く様な触り方に変化した頃、クリトリスでイクという事が大体出来ていたかな?と思います。
 また、中学の頃には、触ってイきそうになったら止めるという行為を繰り返してたらイく前に尿意を感じるようになりました(それまでは絶頂した後に尿意を感じていましたが、イキそうなのを寸止めするととてつもない尿意が来て、トイレに行こうか迷うその我慢の中でイクというのがその頃のマイブーム)。

・指ではイけないですが玩具を使ったら1発でした。足ピンだとイきやすいが本番でイけなくなるそうなので、仰向けになってM字でやっています(興奮してることが大前提)。足の裏を浮かせると更にイきやすく、可能なら腰の下に薄い枕など敷くともっとイきやすくなります。最初から電マを使うのは強すぎるので、ローターで最弱からやるといいと思います。
 あと、最初の頃は「精神がどこかに行ってしまうような恐怖」もあって直前で止めてしまうこともあったので、対策として毛布とか握ってその恐怖を紛れさせていました。

・中学の頃にシャワーをクリに当てることでイくことを覚えました(ただしそれが絶頂だとはっきりわかったのは性知識を知ってから)。当時の感覚として、初期はくすぐったい感じ、やり慣れてシャワーの刺激に慣れた頃には尿意、そして最後には絶頂(気持ちいいと感じると共に、体の力が抜けてビクッとなり、とろーんとするような感覚)を感じられるようになりました。
 でも、くすぐったかったり尿意を感じると我慢できなくなってやめていたので、気持ちいいと感じるようになるまでには期間もかかりました。私の場合は尿意を感じても実際には出なかったです。

・はじめはイく感覚がわからず怖かったです。あ、なんかやばくなる、こわい、と思って頑張っても途中でやめちゃってました。でも続けてるうちに、あれー?これかなあ?っていう感覚が出てきて、だんだんと怖さが減ってイけるようになりました。

(お題箱へ投稿があれば追記します)
 2018_05_31


【お題箱より】
 彼女はデートの度に毎回イチャイチャしてくる私を見て、セックスをしたい為だけに付き合っていると思ってしまう事があるそうです。私としては、将来的には彼女と結婚し子供も欲しいと言う考えを伝えているので、ただヤリたいだけに会っていると思われていると知り非常にショックでした。

 毎回迫る私にも非があるとは思いますが、私は彼女をとても好きで出来る限りセックスもしたいと思ってます。しかし彼女は疲れている時や気持ちが乗らない時はしたくないけど、私の気持ちに押されて仕方なくセックスをしている事も今までにはあったそうです。彼女には辛いかもしれないけど、したくない時はしっかり断って欲しいし、その時は無理矢理するつもりはないと話し合いました。

 原因は話し合いや交流不足なのかもしれません。しかし私の中ではこの解決策で良いのか不安になり壁埋さんのご意見を伺いたいと思いました。彼女とは付き合って1年が経ち、彼女は私が初めて付き合う男性でした。年齢は私は32歳、彼女は34歳です。本来のエロ相談とは主旨がずれてしまい申し訳ありません。よろしくお願いします。

【返答】
 今までは貴方の要求が100%通って彼女さんも一切意見しなかった状況だったわけですから、譲歩ではなく、彼女さんが考えている“恋人関係におけるセックスの必要度合い”に貴方がなにも意見せず一旦100%受け入れて、その結果あなた方がどう感じるのかを試す必要があるんじゃないかなと思います。

 今の解決策の内容も、彼女さんにしてみれば「貴方からのセックスの要求は減らないまま、意見する機会が増えただけ」と受け取れるのではないでしょうか。少なくとも彼女さんにとって、セックスは会うたびにする行為ではない様です。疲れていたり気持ちが乗らなかった事が、いったいどれぐらいの頻度だったのでしょうか。

 なお、彼女さんの男性経験は貴方だけとのことですので、彼女さんの性的観念や見識を広げて欲しいという想いもあります。古い本ですが「モア・リポート」という様々な女性の性的観念を集約した分厚い本がありますので、その一部でも構いません、是非おふたりで読んでみて欲しいです。
 2018_05_06


【お題箱より】
 心では彼女を好いていても、他の女性と身体の関係を持ちたいという気持ちが日に日に増しています。心と性欲の乖離が辛く、既に「バレなければいいかもしれない」という考えまで湧いていて自己嫌悪もあります。
 話し合うべきなのかもしれませんが、そんな胸中を打ち明けようものなら怒られるのは目に見えていて、かと言って隠れて浮気をしているのがバレれば修羅場ですし、どうすればいいか分かりません。
 今後どうするかを決めたいのですが、どう考えればよいでしょうか?
(文章を一部調整してあります)

【返答】
 その衝動が湧いている事自体はおかしいことではありません。問題はその衝動に従うのか我慢するのか、その基準が人それぞれ違うという点です。一般的には我慢するべきものとされていますが、誰にも迷惑をかけず(あるいは関係者をきちんと納得させて)リスクコントロールできるなら、どちらを選ぶのも貴方次第です。
 何をリスクとするかで選択も大きく変わります。例えば「彼女との関係が終わっても構わない」と思えるなら今の気持ちを打ち明けて何らかの相談や交渉をするのもアリでしょう。「他の女性ともセックスするという結果を手に入れる力が自分にあるのか」を考えれば、今の彼女とのセックスがどれぐらい大切なのか見直すきっかけにもなるでしょう。
 ただ、どちらを選ぶにしても貴方ひとりだけで結論を出す話ではないと思います。恋人同士その悩みを共有して、例え最後は別れることになるとしても、お互い納得できる結論を導き出してほしいです。彼女さんの事を軽く考えていないからこそいま悩んでいるのでしょうから、結論に至るまで彼女さんを尊重する意志だけは貫いてください。
 2018_03_26


【お題箱より】
 旦那との営みが前戯ほぼなしで騎乗位+両乳首責めで旦那が達してしまえば終わりな感じで、私が満たされないことを伝えても「それが効率のいい射精方法だから」と聞く耳を持ってくれません。結婚してまだ1年も経っておらずお互い20代、今後が不安なんですが改善策などありますか?

【返答】
 旦那様への文句は山ほどありますが、とにかく「セックスはふたりとも楽しむもの」ですから、
・貴女にもセックスを楽しむ権利があり
・協力しない旦那様に対してセックスを拒むという交渉を選ぶ自由もあり
・貴女の楽しみを奪う行為は許さないと理解させる必要もある
 といった事を踏まえて改善を目指して欲しいです。
※確固たる意志を持って貴女が旦那様を指導するということです。


 ただ、気になるのは旦那様の「効率」という言葉です。もしかして妊活中なのでしょうか?もし妊活してらっしゃるのなら、旦那様にも(視野は狭いですが)頑張る意思がありそうです。その場合に限っては「効率重視は悪くはないけれど、私の不満もしっかり考えて欲しい」という前置きをしてあげてください。
 2018_03_11


 セックスするよりもずっと前、好きな人とのお付き合いが始まるよりもまだ前なのに、ほとんどの女性が自身の身体のどこかに抱えているコンプレックスを理由として、きっと自分はあの人から好かれないだろうと考える傾向を何度も見てきた。自分の身体が「モテる傾向」と食い違っているからという理由で自己評価を下げているのだ。まったくもったいない話であり、そんなの気にせずに気楽に生きなさいよと言いたくなってしまうが、女性にとっては真剣に悩むほどの問題であるようだ。また、そういった女性たちの話を見聞きしているうちに、気をつけるべきポイントというかある傾向に気付いたので、今回はそのあたりを書いてみようと思う。

 まず、ある女性が身体的コンプレックスだと思っている要素が、その女性の個性と呼べるものなのか実は改善すべき問題なのかを分けて考えなければならない、という話だ。例えば「歯並びが悪い」と「歯が黄色い」の2つのコンプレックス。どちらも「口を開けた時に歯を見られたら恥ずかしいし、人前で口を開けて笑ったり、はきはきと喋るのが苦手なんです」といった悩みの原因になり得るものだ。だが、歯並びの悪さは骨格などの個性として仕方ない一方、歯が黄色いのには後天的な理由がある場合もあり、その理由の一部(喫煙やクリーニング不足など)は口臭や歯周病という問題を引き起こしかねないと考えることができる。治療で改善可能という点では歯並びも黄ばんだ歯も同列だが、放っておくと別の問題の原因に成りかねないという意味では大きな差があるのだ。

 このあたり、悩みの原因としてコンプレックスそれ自体を生み出している根底まで掘り下げてみると、本当は改善可能だったり、むしろ改善しないと別の意味でヤバい原因になっている可能性もある。女性にとって最も大きな関心であろう肥満についてもそうだ。過食なのか、太りやすい体質なのか。肥満であることが糖尿病など別の病気の原因になってはいないか、肥満だけれど実は健康体でバランス取れているのか。身体のシルエットが肥満体型であることの原因が全員ただの食べ過ぎだったなんて単純な話ではないはずだ。

 個性に分類される身体的コンプレックスについても、それを悪いことだと捉えて悩むケースが少なくないという話もある。バストサイズが小さいことやお尻が大きいことは女性として劣っているだろうか? モデル体型から離れている身体はすべての男から見向きもされないだろうか? こういった身体的特徴のほとんどは、それに優劣をつけて正解というものを用意しないと何も選べない者達が勝手に用意した基準に、世間(と貴女)が振り回されているだけでしかない。それを気にするということは、方向性を見失った大衆のトンチキ騒ぎに巻き込まれていくようなものだ。決して常識から外れているのではないことを忘れてはならない。

 ある男が「俺は太い女性が好きだね」と言っているとしよう。その男は、一般大衆が崇めている基準と自分の価値観がズレていることを認識していながらも自分の本音に正直になって相手を選べる人だと言える。もし、貴女がその男に選ばれたなら、きっと貴女の心は「皆がいいって言ってる基準に近い女性なら誰でもいいと考えている男」に選ばれるよりも間違いなく充実するはずだ。個性としての身体的コンプレックスを頑張って修正してなんとなく多くの男からモテるらしい身体に寄せていく(寄せたからといってモテる保証はない)のと、その個性こそ最高だと言ってくれる男だけにモテるのでは、貴女の心に安息と充足をもたらしてくれるのはどちらの人生だろうか。

 ちなみにここまで来て随分と酷い言い草に聞こえるかもしれないが、

多くの男はセックスOKの関係まで進展すれば、女性が心配しているおよそすべての身体的特徴なんていちいち気にしない。

 モテ体型になりましょうダイエットに励みましょうと大量の情報が世間を駆け巡る一方で、射精したいだけのバカ男を除いたとしても、男達の熱意と実情はせいぜいそんなものなのだ。だからといって貴女にフリーセックス志向になれとかヤリマンを演じろと言う意図はない。好きになった同士が自然かつ当然の行為として行うセックスを前にしてモテ体型かどうかなんて大した問題ではない、と言っているのだ。貴女のコンプレックスに対する考え方に何らかの好転が起こることを期待して、それでは今回はこれにて。
 2018_03_10

05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P