FC2ブログ



 セックスするよりもずっと前、好きな人とのお付き合いが始まるよりもまだ前なのに、ほとんどの女性が自身の身体のどこかに抱えているコンプレックスを理由として、きっと自分はあの人から好かれないだろうと考える傾向を何度も見てきた。自分の身体が「モテる傾向」と食い違っているからという理由で自己評価を下げているのだ。まったくもったいない話であり、そんなの気にせずに気楽に生きなさいよと言いたくなってしまうが、女性にとっては真剣に悩むほどの問題であるようだ。また、そういった女性たちの話を見聞きしているうちに、気をつけるべきポイントというかある傾向に気付いたので、今回はそのあたりを書いてみようと思う。

 まず、ある女性が身体的コンプレックスだと思っている要素が、その女性の個性と呼べるものなのか実は改善すべき問題なのかを分けて考えなければならない、という話だ。例えば「歯並びが悪い」と「歯が黄色い」の2つのコンプレックス。どちらも「口を開けた時に歯を見られたら恥ずかしいし、人前で口を開けて笑ったり、はきはきと喋るのが苦手なんです」といった悩みの原因になり得るものだ。だが、歯並びの悪さは骨格などの個性として仕方ない一方、歯が黄色いのには後天的な理由がある場合もあり、その理由の一部(喫煙やクリーニング不足など)は口臭や歯周病という問題を引き起こしかねないと考えることができる。治療で改善可能という点では歯並びも黄ばんだ歯も同列だが、放っておくと別の問題の原因に成りかねないという意味では大きな差があるのだ。

 このあたり、悩みの原因としてコンプレックスそれ自体を生み出している根底まで掘り下げてみると、本当は改善可能だったり、むしろ改善しないと別の意味でヤバい原因になっている可能性もある。女性にとって最も大きな関心であろう肥満についてもそうだ。過食なのか、太りやすい体質なのか。肥満であることが糖尿病など別の病気の原因になってはいないか、肥満だけれど実は健康体でバランス取れているのか。身体のシルエットが肥満体型であることの原因が全員ただの食べ過ぎだったなんて単純な話ではないはずだ。

 個性に分類される身体的コンプレックスについても、それを悪いことだと捉えて悩むケースが少なくないという話もある。バストサイズが小さいことやお尻が大きいことは女性として劣っているだろうか? モデル体型から離れている身体はすべての男から見向きもされないだろうか? こういった身体的特徴のほとんどは、それに優劣をつけて正解というものを用意しないと何も選べない者達が勝手に用意した基準に、世間(と貴女)が振り回されているだけでしかない。それを気にするということは、方向性を見失った大衆のトンチキ騒ぎに巻き込まれていくようなものだ。決して常識から外れているのではないことを忘れてはならない。

 ある男が「俺は太い女性が好きだね」と言っているとしよう。その男は、一般大衆が崇めている基準と自分の価値観がズレていることを認識していながらも自分の本音に正直になって相手を選べる人だと言える。もし、貴女がその男に選ばれたなら、きっと貴女の心は「皆がいいって言ってる基準に近い女性なら誰でもいいと考えている男」に選ばれるよりも間違いなく充実するはずだ。個性としての身体的コンプレックスを頑張って修正してなんとなく多くの男からモテるらしい身体に寄せていく(寄せたからといってモテる保証はない)のと、その個性こそ最高だと言ってくれる男だけにモテるのでは、貴女の心に安息と充足をもたらしてくれるのはどちらの人生だろうか。

 ちなみにここまで来て随分と酷い言い草に聞こえるかもしれないが、

多くの男はセックスOKの関係まで進展すれば、女性が心配しているおよそすべての身体的特徴なんていちいち気にしない。

 モテ体型になりましょうダイエットに励みましょうと大量の情報が世間を駆け巡る一方で、射精したいだけのバカ男を除いたとしても、男達の熱意と実情はせいぜいそんなものなのだ。だからといって貴女にフリーセックス志向になれとかヤリマンを演じろと言う意図はない。好きになった同士が自然かつ当然の行為として行うセックスを前にしてモテ体型かどうかなんて大した問題ではない、と言っているのだ。貴女のコンプレックスに対する考え方に何らかの好転が起こることを期待して、それでは今回はこれにて。
 2018_03_10


 男は何事にもプライドを持っている。それはセックスにおいても変わらない。例を挙げれば「セックスにおいて女性を絶頂へ導くのは男の本懐」とか「挿入しピストンした果てに女性を絶頂に導いてこそ最高のセックス」といったようなものだ。誰に教わったわけでもなく、まして性教育で教わるようなことでもない。大人になるまでの間に様々なセックスメディアに触れるうち、いつの間にかそれが常識であると刷り込まれていたルールのようなものだ。あるいは女性をリードするのが男の嗜みだというダンディズムから、そのように振る舞うことを自然と受け入れているのかもしれない。どちらにせよセックスにおいて男が主導権を握り、意のままに女性を導いて絶頂まで体験させるのが男の仕事なのだと考え、それが男らしさとして女性から求められているのだと男達は信じている。

 だがそんなプライドを持ちつつも、残念ながら肝心の「女性を気持ち良くするための技術」を持ち合わせていないのが男達の現状だ。もっと言えば、セックスにおける己の身体の効果的な使い方をよく知らない。目の前の女性の身体には性感帯がどこにあって、どのように愛撫すれば適切か、そもそもどんな雰囲気で接すれば良いか、自分がどのように動けば相手が喜ぶのかなど、自信を持って行動できる者は多くはない。それこそセックスメディアで仕入れた知識をフル動員して何とかその場を凌ぐしかないというのが実情だろう。

 一般的に男の性欲は20代をピークに下降してゆくとされている。また、体力・スタミナといった身体能力、チンコの勃起力や回復時間といった精力についても、早ければ30代に突入したあたりから能力低下を実感し始め、特に挿入してからの本番行為で己の年齢を思い知るものだ。気持ちだけはまだ若い頃の感覚なのに身体がついてこないというやつで「昔はもっと頑張れたのに」という気持ちが大きくなってくるのがこの頃からだ。こうなると男はセックスに対して消極的になり始める。若い頃と同じような頑張りができない自分を自覚したことで、女性を今まで通りに満足させることができないのではないかという不安を感じ、更には齢を取った自分を曝け出す覚悟もできず、セックスをしたい気持ちや彼女の欲求を満たしたいというやる気はあるのに前向きに望めない、あるいは自信が足りないことで本来のポテンシャルすら発揮できなくなって、いよいよセックス離れが進んでいくのだ。

 さて、ここで今一度考えたいのは女性が求めるセックスとは若さゆえの激しさだけだろうか?という点だ。アダルトビデオのような激しいセックス像を大多数の女性が否定的に捉えているように、体力にものを言わせた激しいだけのセックスは必要とされていないのが現実なのだから、体力・精力の低下を理由として自分のセックス力が下がったと考えている男は、そもそもセックスに求められている要素を思い違いしていただけだった、とも言える。要するにセックス力が衰えたと感じている今こそ、むしろ女性にとって好意的なセックスしかできなくなったと捉えることもできるはずなのだ。

 では具体的に女性が好むセックスとはどういうものか。実際には女性一人ひとりセックスの好みに差があるので特定の技を覚えるだけでは駄目であり、技をより多く憶えて女性の好みに対応できるようにする事が求められるが、ひとつ間違いないテクニックとして
「抜き差しの激しいピストンよりも、奥まで挿入したまま腰を押し付けるようなピストンの方が好まれる」
 これだけをお伝えしておく。セックスにおいて最も体力を奪われる動作こそピストンなのだが、その負担を大幅に軽減できるのが腰を押し付けるだけの動きであり、チンコが出入りする距離は長くてもせいぜい3cm以内、男にとっては腰を揺らす程度の簡単な動作だ。たったこれだけの動きでなぜ女性が喜んでくれるのかは、貴方のこれからの実体験によってご理解頂けると思うのでここでは説明を割愛する。ピストンしなくていいなら体力温存は難しくなく、またこの動作ではチンコが得られる刺激が少なくなるので早漏気味の男にとっては長い時間頑張れるというメリットもある。言い換えると勃起維持に必要な性感を得づらい面でもあるのだが、そこだけは各自工夫して頑張ってほしいところだ(自分で他の性感帯を刺激するなど)。貴方の体力は温存され、女性には喜ばれ、気持ち良くなってもらえる時間も長くなる。これがいわゆるスローセックスと呼ばれるものに該当するのかどうかは筆者にもわからないが、セックスの改善としてきっと役立つはずだ。

 今回紹介した動き方は決して高年齢の男だけの技ではなく、若い男にとってもメリットがある。なぜなら、若い貴方達が付き合うであろう若い女性ほど挿入における抜き差しの摩擦を性交痛として感じ、セックスが嫌いな理由として挙げている割合が多いからだ。激しいピストンこそ女性が最も感じるセックスだという思い込みは年齢に関わらず男達の心を支配している悪しき風習だが、そんな無意味な頑張りなど誰も求めてはいないのだ。激しいセックスを若さの象徴だなどと考えるのは今日限りにして、女性にとって(ひいては自分のためにも)より喜ばれるセックスができるようになること、これをプライドとして持って欲しい。それこそが真の男らしさなのではないかと筆者は思うのだ。それでは今回はこれにて。

 2018_03_02


SKYN.jpg

 SKYNが女性からの支持を集めている一方でコンドームにしては割高である点をデメリットとする声もある。筆者はコンドーム1個100円というコストを高額だとは思わないが、頻繁にセックスする学生同士なら情事のたびにじわじわとバイト代を削っていくコンドームは確かに安い方が助かるだろう。激安商品であれば1個17円程度に抑えることも可能なので、5倍以上の価格差があると聞けば割高に感じられる気持ちもわかる気がする。が、そうかと思えば一部の男に人気の0.01mm系コンドームが1個200円前後という“超高額商品”にも関わらず売り切れ御免の品薄状態が起きるあたり、価値観の差が見えて面白い。

 さて、そもそもSKYNが話題になっているのは価格がどうこうという話ではなく、セックスにおいて女性が感じている性交痛のひとつであるコンドームと粘膜の擦れによる痛みが最も抑えられる商品と言われている点だ。商品のHPでは「肌の柔らかさに近い→自然で何も着けていない感じで気持ちいい」という点が強調されていて、これが男性向けの売り文句なのか性別関係ないアピールポイントなのかはわからないが、少なくとも女性からは気持ち良さよりも性交痛を和らげてくれるグッズとして認識されているようだ。さらには、元から愛液の分泌量が少ない女性やあるいはセックスの途中で愛液が足りなくなってきた場合でも擦れる痛みが起きにくいという効果もあるそうで、相手の男がカバンから取り出したコンドームがSKYNだったことにダンディズムすら感じ取った女性もいるぐらいだから、男としてはコンドームといえば当然SKYNでしょ、ぐらいに言っておけばちょっとモテるのかもしれない。

 そんな評価を得つつあるSKYNだが、男からは「ゴムの厚みがありすぎて刺激が足りない」という意見も挙がっている。それだけ聞くと独りよがりな感想にも思えるが、しかしあまりにも刺激が足りなくて勃起の維持すら困難だというなら確かにそれは問題と言える。SKYNはコンドームとしては厚みがある部類なので(SKYNのメーカー発表値は0.07mm~0.08mm。一般的なコンドームが0.03mm、参考値として早漏対策用コンドーム「ゴクアツ」が0.10mm)、他のコンドームより刺激が減るのはどうしても免れない。男性諸兄が「少なくとも勃起維持に問題ない程度の快感が感じられるなら我慢する」と考えられるならひとまず解決する話ではあるので、ここは何とか気張って欲しいところだ。まあ、頑張ってセックステクニックを覚えてもなかなかパートナーから評価されないストレスを思えば、コンドームを替えただけで喜ばれてついでに承認欲求も満たせるのだから少しぐらい根性見せてもいいだろう。ちなみに勃起維持という観点から見ればSKYNはその厚みと素材由来の柔らかさがスムーズな装着を容易に実現させてくれるという恩恵があるので、上手く着けられずに萎えてしまったり気まずい時間を味わうことに悩んでいるならメリットの方が大きいかもしれないことを付け加えておく。

 コンドームの薄さ競争に男達が喜んでいるばかりだったのは過去のこと、女性のことも一緒に考えてコンドームを選ぶのが常識となりつつあると筆者は考えている。女性にしてみればそもそも辛い性交痛をうちに秘めてセックスする時代がずっと続いていたわけで、その苦労を思うともはやSKYN以外のコンドームを選ぶことは到底できない。女性の体験によればより薄いコンドームほど擦れる痛みが強いそうなので(薄さに拠る耐久性低下への対策として張りの強い固い素材を使っているのが原因と言われている)、コンドームの選択が「誰にとって」必要なのか、考えざるを得ないはずだ。

 最後に改めてSKYN関連のリンクを紹介して、それでは今回はこれにて。

不二ラテックス「SKYN」公式サイト

「SKYN」Amazon通販の一例

 2018_02_08


 あなたが痩せられない理由は「摂取カロリーが多すぎる」その一点のみだ。

 やるべきことはただひとつ、毎食の食事量を減らすだけだ。もちろん運動やサプリやその他様々なダイエットを並行して行っても構わないしそれは素晴らしい心がけだが、そういった努力の結果はあなたの身体に入ってくる摂取カロリーが減ったあとにしか現れない。

 食事量を減らすなら例えば。コンビニで食事を買うならパンとかおにぎりを1個減らす。弁当を買ってくるなら一回り小さい弁当にする。今まで一緒に買っていたカップ麺を控えるか逆にカップ麺だけにする。定食屋やファミレスで食べるならサイドメニューの追加をやめる。ハンバーガーのセットでサイズアップしない。サイズが選べるメニューはサイズダウンする。居酒屋では1品ずつ注文して一度に頼みすぎない。焼肉は1皿減らす。ラーメンは替え玉しない。自炊してるならおかずを1品減らすか作る量を減らす。

 これらの例は一見具体的だが実はかなり適当だ。減らす分のカロリー計算もそもそもの総摂取カロリーすら算出していない。だが1食あたりに食べる量がダイエット前より減っているのだからこれでいい。「一日の摂取カロリーを◯キロカロリー以内に抑えましょう」ではなく「とりあえず毎食、前より食べる量が減った」で充分なのだ。これを維持すればあなたの体重は確実に減り始める。順調であれば1ヶ月で1kgぐらい減ることだろう。

 なになに、「月にたった1kgしか減量できないのか」だって? そんな戯言は実際に痩せ始めてから言うべきだ。実際に痩せた経験から言わせてもらえば、1ヶ月経って体重が1kg減っていたという事実は必ずあなたを喜ばせる。そしてその励みは3ヶ月後の3kg減量へとつながる。その頃になればあなたの関心は半年後の体型予想と新しい衣服の購入計画で色めき立っているだろう。余談だが筆者も毎月減っていく体重にニヤニヤが止まらないという感じだった。

 さて、筆者が伝えたいダイエットに必要な事柄はこれですべてだが、最後についでの話を添えよう。このダイエットを始めると食費が減る。筆者の場合1食あたり100円程度、1ヶ月では8,000円~10,000円ほど食費が減った。運動に必要な道具やウェアを買うのでもなければ何千円もするサプリを購入するわけでもないので、そういったダイエット方法と比べれば金額以上にお得だったと言ってもよいだろう。1kg痩せたら1万円ボーナス!(笑)みたいなノリでダイエットをポジティヴに捉えることができたのは、意外と1年間継続できた(そして10kg痩せられた)秘訣かもしれない。体重が減って食費も減る。いいことだらけだ。

 この方法が体重を気にされているあなたの助けになることをお祈りする。それでは今回はこれにて。
 2017_12_15

04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P