FC2ブログ



 筆者が保健所でHIV検査を受けてきたことで郵送検査キットとの相違点がわかったので、今回は2つの方法の違いをまとめてみる。なお郵送検査キットはSTD研究所の「性病検査STDチェッカー タイプE男性用」を選択した。保健所に出向くか自宅で完了させるか、選ぼうとしている人の参考になることを願う。

個人情報の開示
郵送キット:検査申し込みにあたって生年月日のみ記入する必要がある
保健所:個人情報の開示は一切ない

 個人情報を自ら開示する必要がある場面は唯一、郵送キットの申込書に生年月日を記入する部分のみだ。とはいえ生年月日それだけで個人を特定することはできないので、あなた自身の気持ちの問題で選んで構わない程度の話だろう。

検査を受ける事が他人にバレる可能性
郵送キット:同居人に郵送物を見られる、または同居人に検査物の廃棄物を見られる
保健所:保健所への出入りを見られる、または保健所内での遭遇

 これは大きな違いがある部分だ。郵送キットは無地の封筒で届くため一見何が入っているのかわからないし、検査物郵送用の封筒も特徴はなく、封筒を見られる限りはバレないだろう。同居人に中身を問われても適当に誤魔化せば良い。しかし中身を見られた場合はどうしようもないだろう。ひとり暮らしでない限り、検査に関わる現物を自分以外の誰かに見られる可能性という点が郵送キットのバレ要素だ。また、保健所の場合は検査に必要な現物がすべて保健所内で管理・処分されるので安全と言える反面、検査を受けに行く自分自身がバレ要素になる。保健所への出入りだけならまだ誤魔化せるかもしれないが、待合所で顔見知りと遭遇したらどうしようもない。
 まとめると、郵送キットは主に身内へバレるケース、保健所では主に知人へバレるケースが想定されるというわけだ。

結果がわかるまでの時間とタイミング
郵送キット:検査物の送付後、4日~1週間程度/いつでも検査できる
保健所:即日(採血から1時間程度)/保健所での実施日のみ

 これも大きな差がある。感染が心配な人にとっては保健所で即日判明することは嬉しいだろうが、その検査は毎日受け付けているわけではない。郵送キットは手元に届きさえすれば自分の都合で検査を済ませられる。結果をいち早く知りたければ、予約不要・受付随時という条件を満たす医療機関の検査を受けるのが最善だろう(ただし有料だったり他の兼ね合いが生じる場合もある)。

結果を知るには
郵送キット:HPでパスワード入力することで検査結果が表示される
保健所:口頭伝達のみ

 どちらの方法でも自分が安心するには充分だ。ただ、この検査を自分以外の誰かのためにやっている場合、保健所では証明書をもらうことはできないから「陰性だった」という言葉を信じるかどうかは悩みどころだ。一方、郵送キットの場合はHPで表示される検査結果を相手と一緒に見ることで証明手段とすることができる(相手の目の前でHPにアクセスする。結果表示画面を撮影した画像ではダメ)。

料金
郵送キット:9,936円(税込)
保健所:無料

 保健所の無料は際立つが、STDチェッカーにもHIVのみの検査キットがあり(4,968円)、ここまでに列挙した特徴との兼ね合いでは有料でも構わないという人もいるかもしれない。なお、ある医療機関ではHIV以外の性病検査が病名ごとに数千円かかる場合もあり、5種で約1万円という価格設定はやたら高額というわけでもないようだ。前述した方法で証明手段に使えるという意味では「証明書代金」と捉えることもできる。

HIV以外の同時検査
郵送キット:クラミジア・梅毒・淋病・B型肝炎
保健所:クラミジア・梅毒(申込みが必要で、やってない場合もある)

 これについては他の性病への心配度合い次第だろう。とはいえ、HIV以外の性病は何らかの症状が見える事も多く「自覚症状ないけど色々わかったほうが良いかも」みたいな理由だけで郵送キットを選ぶ道理はない。同じ理由で保健所での検査追加も自己判断で決めるべきだろう。

 なお話が逸れるが、保健所の検査が無料で受けられるのは税金が使われているからであり、HIV感染と自分が無縁だと信じている人達にとっては無料検査など税金の無駄遣いに見えるかもしれない。しかし、HIV感染を疑うような行為・シチュエーションに今まで一度も関わっていない人を除いた全員の不安を取り除ける手段として、あるいは万が一の感染者がいち早く自分の感染を知り感染拡大を防ぐきっかけとして、保健所の無料検査の有用性をぜひ読者の皆様も考えてみて欲しい。
 

 最後に、有料無料に関わらず心配なら検査を受けるのは当然の事と思う。HIVの感染してからエイズを発症するまでの潜伏期間は長く(10年以上の場合もあるとされている)、もし感染していた場合には本人無自覚のまま他人を巻き込んでいく可能性が高いというのが非常に危険なのだ。5年前10年前に出会った相手の「セックスは初めて」という言葉が真実だったという保証はどこにあるだろうか? しかしHIV検査の判定それ自体は、感染から2ヶ月経っていれば検出できる。これは決してあなただけの問題ではないはずなのだ。それでは今回はこれにて。

 2018_07_06


 筆者はHIV感染の確認に通販郵送タイプの性病検査キットを使っているが、同じ目的の検査なら保健所でも受けられるので一度体験してみようと思い、初めて近所の保健所に行ってきた。今回はそのレポートとなる。

 ところでHIV検査を受けられる保健所は全国各所にあり、HIV感染の疑いをハッキリさせたいだけなら保健所で完了できる。また、現在HIV検査にはスクリーニング検査という方法が使われていて検査を受けた当日に結果を知ることができる。検査を受ける日時さえ決めれば、その日が感染の疑いを晴らす日となるわけだ。郵送タイプだと自由なタイミングで検査できる反面結果がわかるまでに数日を要するので、検査と結果判明がバラバラだと嫌だという人には保健所が良いと思う。では、当日の検査の様子を追いながら検査の全容をお伝えしよう。

 まず、筆者が利用した保健所では検査を受ける前日までに電話予約が必要だった。最寄りの保健所を見つけた2日後が検査実施日だったのですぐ予約を取り、当日の受付時間に保健所を訪れた。保険証や身分証明書は不要なのでこれといった手荷物はない。検査は無料で受けられるため何なら財布も所持不要だ。レントゲン撮影のような食事制限もなく、事前準備という観点ではまったく手間がかからない。

 保健所に入り受付で問診票を受け取ると「今日はこの番号でお呼びしますので憶えておいてくださいね」と言われた。各々が受け取る問診票にあらかじめ番号が割り振られているため、氏名を明かさなくても順番通り呼ばれるというわけだ(問診票にも記入不要)。待合室で各項目へ記入しつつ自分の番号が呼ばれるのを待つ。筆者には18番が宛てられており後にも数人が続いていたので当日20人ほどが検査を受けていたのかなと思う。

 10分ほどすると筆者の番号がアナウンスされ、個室で担当員の方とマンツーマンでの問診が始まった。検査内容は把握していますかという掴みから、消毒用アルコールのアレルギーはないですか、血液検査で体調が悪くなったことはないですか等の質問、HIV検査に加えてクラミジアと梅毒の検査を受けるかどうかの選択といった話が続く。また、約0.3%の確率で未感染でも陽性反応が出る場合があることを念押しされた。(もし陽性反応が出ても即座に感染確定ではないよという説明として必要な話であることはわかるが、とはいえ陽性反応なら約50%の確率で感染確定だ)

 問診が終わると採血室前で待つよう促され、程なくして再び番号で呼ばれた筆者は採血へと進む。ここでの採血はいわゆる健康診断のそれと変わらないものだったが、採血した血液を収める試験管状の器具に記されている管理番号が問診票に書き込まれた管理番号と一致していることを目視で確認するようしっかりと言われた。ここで間違いが起きれば他人の血液による検査結果を伝えられてしまうので当然しっかりと見比べた。余談だが、注射の痛みが苦手という読者の方には、郵送検査キットの採血手段の方が痛みが強いことをこっそりと伝えておく(筆者の体感です)。

 採血が終わればあとは検査結果を待つばかりだ。1時間ほどで判明するとのことで待合室の展示を見て回って過ごすことにする。テレビにはHIV関連の詳しい解説が流れ、壁にも各種資料やポスターが並んでいる。資料スペースには発行物も数十冊並んでおり、特に持ち出し禁止のシールが貼られた冊子には濃い情報が満載だったので、デジタル化して公開してほしいと思った。また「akta」という小冊子がLGBTやセーファーセックス関連の読み物として見やすくまとまっていた(数冊もらってきて少しずつ読んでいる)。

 ちなみにこの保健所では、HIV検査を受ける人全員が同じ待合所で待つことになっており、座席は学校の机のように部屋の1方向へ向かって並んでいたので、各々がわざわざ横や後ろをしっかり振り返らない限りはお互いの顔を正面から見ることは難しい環境だった。しかし、問診で案内されたのがたまたま待合所の前方の部屋だったため、部屋から待合所に戻るその時、どんな人が来ているのかその顔までもが一瞬ながら見えた。筆者はそれで誰かの顔を記憶できるような頭は持っていないが、もし顔見知りが入れば気がつけちゃうかもしれないなとも思った。

 そうしている間にも番号のアナウンスは続き、いよいよ筆者の番がやってきた。問診してもらった担当員の方と再び対面し検査結果が伝えられる。結果として筆者は検査陰性で、その伝達手段も口頭説明のみなのでほんの数秒で終わり。本当にあっという間の結果発表だった。一人あたりの問診時間割当に余裕があったかどうかはわからないが、他に気になることや質問があれば聞いて構いませんよとのことで、HIV検査に郵送の検査キットを使っていた事を話したり(その検査キットがHIV含めた性病5種類の検査で1万円という価格なのは「割と安い」と仰っていた)、スクリーニング検査の少し詳しい仕様などを教わったりした。

 こうして保健所到着から約1時間30分、筆者のHIV検査は終了した。なお、検査結果は口頭で伝えられるのみで証明書などの書類はもらえない。自分自身が安心するためにはこれで充分と言えるが、他人に信じてもらうための公式な証明物はないので、HIV感染していないと宣言している人を信じるか信じないかは自分で決めるしかないということでもある。何のために、誰のために、HIV検査を受けるのか。各々よく考えて検査と結果を利用する必要があるだろう。なお、現在の検査では3ヶ月前より最近の感染を検出することはできないとされている。もし読者のあなたが昨夜危ういセックスをしたとすれば、そのセックスでHIV感染したかどうか疑いを晴らせるのは早くても3ヶ月後ということになる。あなたはその3ヶ月をまったく不安に苛まれずに過ごせるだろうか。


 最後に、読者の皆様が任意のHIV検査施設を探したい場合に役立つ「HIV検査相談マップ」というHPをお勧めしておく(問診時に紹介してもらった)。即日検査の有無や無料で受けられるかどうかの検索条件絞り込みも簡単にできる。

「HIV検査相談マップ」
全国HIV/エイズ・性感染症検査相談窓口情報サイト
https://www.hivkensa.com

それでは今回はこれにて。
 2018_07_06


 セックスするよりもずっと前、好きな人とのお付き合いが始まるよりもまだ前なのにも関わらず、女性が自身の身体のどこかに抱えているコンプレックスを理由として、きっと自分はあの人から好かれない…と考える傾向を筆者は何度も見聞きしてきた。ほとんどの場合、それは自分の身体が「モテる傾向」と食い違っているからという理由で自己評価を下げているのだ。筆者としてはそんなの気にせず気楽に生きなさいよと言いたくなってしまうのだが、女性にとっては非常な大問題であるようだ。そういった女性たちの話を見聞きしているうちに、どうも女性に気をつけて欲しいポイントというかある傾向に気付いたので、今回はそのあたりを書いてみようと思う。

 まず、ある女性が身体的コンプレックスだと思っている要素が、その女性の個性と呼べるものなのかそれとも改善すべき問題なのかを分けて考えなければならない、という話だ。例えば「歯並びが悪い」と「歯が黄色い」の2つのコンプレックス。どちらも口を開けた時にそんな歯を見られたら恥ずかしいし、人前で口を開けて笑ったりはきはきと喋るのが苦手といった悩みの原因になり得るものだ。だが、歯並びの悪さは骨格という個性として仕方ない一方、歯が黄色いのには後天的な理由がある場合もあり、その理由の一部(喫煙やクリーニング不足など)は口臭や歯周病という問題を引き起こしかねないと考えることができる。治療で改善可能という点では歯並びも黄ばんだ歯も同列だが、放っておくと別の問題の原因に成りかねないという意味では大きな差がある。(歯並びも姿勢の悪化などに影響しているかもしれないが)

 このあたり、コンプレックスお原因を根底まで掘り下げてみると、実は改善可能だったり、むしろ改善しないと別の意味でヤバい原因になっている可能性もある。女性にとって最も大きな関心であろう肥満についてもそうだ。過食なのか、太りやすい体質なのか。肥満であることが糖尿病など別の病気の原因になってはいないか、肥満ではあっても実は比較的健康体でバランスも取れていたりするのか。身体のシルエットが肥満体型であることの原因が、全員ただの食べ過ぎだったなんて単純な話ではないはずだ。

 個性に分類される身体的コンプレックスについても、それが悪いことだと捉えて悩むケースが少なくない。バストサイズが小さいことやお尻が大きいことで悩む女性は少なくないが、それは女性として劣っていると言えるのだろうか? いわゆるモデル体型ではない身体はすべての男から見向きもされないだろうか? こういった身体的特徴のほとんどは「それに優劣をつけて正解というものを用意しないと何も選べない者達が勝手に用意した基準」に世間(と貴女)が振り回されているだけでしかない。そんな基準を気にするということは、まるで方向性を見失った大衆のトンチキ騒ぎに巻き込まれていくようなものだ。モデル体型と同じではないからといって、決して常識から外れているのではないということを忘れてはいけない。

 ところで、ある男が「俺は太い女性が好き」と言っているとしよう。その男は、自分の価値観と一般大衆が崇めている基準がズレていることをはっきり認識していながらも本音に正直になって相手を選べる人だと言える。もし、貴女がその男に選ばれたなら、きっと貴女の心は「皆がいいって言ってる基準に近い女性なら誰でもいいと考えている男」に選ばれるよりも間違いなく充実するはずだ。個性としての身体的コンプレックスを頑張って修正してなんとなく多くの男からモテるらしい身体に寄せていく(寄せたからといってモテる保証はない)のと、その個性こそ最高だと言ってくれる男だけにモテるのでは、貴女の心に安息と充足をもたらしてくれるのはどちらの人生だろうか。筆者は後者だと信じている。

 ちなみにここまでいろいろ書いておいて次の一文は酷い言い草に聞こえるかもしれないが、

多くの男はセックスOKの関係まで女性と進展すれば、女性が心配しているおよそすべての身体的特徴なんていちいち気にしない。

 モテ体型になりましょうダイエットに励みましょうと大量の情報が世間を駆け巡る一方で、射精したいだけのバカ男を除いたとしても、男達の熱意と実情はせいぜいそんなものなのだ。だからといって貴女にフリーセックス志向になれとかヤリマンを演じろと言う意図はない。好きになった同士が自然かつ当然の行為として行うセックスを前にして、モテ体型かどうかなんて全然大した問題ではないと言っているのだ。
 貴女のコンプレックスに対する考え方に何らかの好転が起こることを信じて、それでは今回はこれにて。
 2018_03_10


 男は何事にもプライドを持っている。それはセックスにおいても変わらない。例を挙げれば「セックスにおいて女性を絶頂へ導くのは男の本懐」とか「挿入しピストンした果てに女性を絶頂に導いてこそ最高のセックス」といったようなものだ。誰に教わったわけでもなく、まして性教育で教わるようなことでもない。大人になるまでの間に様々なセックスメディアに触れるうち、いつの間にかそれが常識であると刷り込まれていたルールのようなものだ。あるいは女性をリードするのが男の嗜みだというダンディズムから、そのように振る舞うことを自然と受け入れているのかもしれない。どちらにせよセックスにおいて男が主導権を握り、意のままに女性を導いて絶頂まで体験させるのが男の仕事なのだと考え、それが男らしさとして女性から求められているのだと男達は信じている。

 だがそんなプライドを持ちつつも、残念ながら肝心の「女性を気持ち良くするための技術」を持ち合わせていないのが男達の現状だ。もっと言えば、セックスにおける己の身体の効果的な使い方をよく知らない。目の前の女性の身体には性感帯がどこにあって、どのように愛撫すれば適切か、そもそもどんな雰囲気で接すれば良いか、自分がどのように動けば相手が喜ぶのかなど、自信を持って行動できる者は多くはない。それこそセックスメディアで仕入れた知識をフル動員して何とかその場を凌ぐしかないというのが実情だろう。

 一般的に男の性欲は20代をピークに下降してゆくとされている。また、体力・スタミナといった身体能力、チンコの勃起力や回復時間といった精力についても、早ければ30代に突入したあたりから能力低下を実感し始め、特に挿入してからの本番行為で己の年齢を思い知るものだ。気持ちだけはまだ若い頃の感覚なのに身体がついてこないというやつで「昔はもっと頑張れたのに」という気持ちが大きくなってくるのがこの頃からだ。こうなると男はセックスに対して消極的になり始める。若い頃と同じような頑張りができない自分を自覚したことで、女性を今まで通りに満足させることができないのではないかという不安を感じ、更には齢を取った自分を曝け出す覚悟もできず、セックスをしたい気持ちや彼女の欲求を満たしたいというやる気はあるのに前向きに望めない、あるいは自信が足りないことで本来のポテンシャルすら発揮できなくなって、いよいよセックス離れが進んでいくのだ。

 さて、ここで今一度考えたいのは女性が求めるセックスとは若さゆえの激しさだけだろうか?という点だ。アダルトビデオのような激しいセックス像を大多数の女性が否定的に捉えているように、体力にものを言わせた激しいだけのセックスは必要とされていないのが現実なのだから、体力・精力の低下を理由として自分のセックス力が下がったと考えている男は、そもそもセックスに求められている要素を思い違いしていただけだった、とも言える。要するにセックス力が衰えたと感じている今こそ、むしろ女性にとって好意的なセックスしかできなくなったと捉えることもできるはずなのだ。

 では具体的に女性が好むセックスとはどういうものか。実際には女性一人ひとりセックスの好みに差があるので特定の技を覚えるだけでは駄目であり、技をより多く憶えて女性の好みに対応できるようにする事が求められるが、ひとつ間違いないテクニックとして
「抜き差しの激しいピストンよりも、奥まで挿入したまま腰を押し付けるようなピストンの方が好まれる」
 これだけをお伝えしておく。セックスにおいて最も体力を奪われる動作こそピストンなのだが、その負担を大幅に軽減できるのが腰を押し付けるだけの動きであり、チンコが出入りする距離は長くてもせいぜい3cm以内、男にとっては腰を揺らす程度の簡単な動作だ。たったこれだけの動きでなぜ女性が喜んでくれるのかは、貴方のこれからの実体験によってご理解頂けると思うのでここでは説明を割愛する。ピストンしなくていいなら体力温存は難しくなく、またこの動作ではチンコが得られる刺激が少なくなるので早漏気味の男にとっては長い時間頑張れるというメリットもある。言い換えると勃起維持に必要な性感を得づらい面でもあるのだが、そこだけは各自工夫して頑張ってほしいところだ(自分で他の性感帯を刺激するなど)。貴方の体力は温存され、女性には喜ばれ、気持ち良くなってもらえる時間も長くなる。これがいわゆるスローセックスと呼ばれるものに該当するのかどうかは筆者にもわからないが、セックスの改善としてきっと役立つはずだ。

 今回紹介した動き方は決して高年齢の男だけの技ではなく、若い男にとってもメリットがある。なぜなら、若い貴方達が付き合うであろう若い女性ほど挿入における抜き差しの摩擦を性交痛として感じ、セックスが嫌いな理由として挙げている割合が多いからだ。激しいピストンこそ女性が最も感じるセックスだという思い込みは年齢に関わらず男達の心を支配している悪しき風習だが、そんな無意味な頑張りなど誰も求めてはいないのだ。激しいセックスを若さの象徴だなどと考えるのは今日限りにして、女性にとって(ひいては自分のためにも)より喜ばれるセックスができるようになること、これをプライドとして持って欲しい。それこそが真の男らしさなのではないかと筆者は思うのだ。それでは今回はこれにて。

 2018_03_02


 避妊については読者の皆様も必要に応じて手段を選択し使い分けていることと思うが、100%の避妊を保証するものがないこともまたご存知だろう。手段ごとに避妊失敗率の様々なデータが発表されているなか、どこの数値を信じるにせよ「避妊はしているけれど、もしかしたら妊娠するかもしれない」という可能性を心に抱えながらセックスしているのではないだろうか。

 さて、今回は避妊手段の失敗率を検証するような話ではなく、避妊手段の信頼度を「感覚的に」まとめてみようという試みだ。以前より筆者は避妊失敗率という数値とその根拠について懐疑的で、それはデータの信頼性を疑っているのではなく「避妊手段を確率で選ぶ意味ってあるのか?」というそもそも論的な想いに拠るところが大きい。以下、いくつかの避妊手段について書き綴ってみようと思う。

◆ ピル
 正しく使用している限り100%に近い避妊率を期待できる事は間違いないだろう。だが「正しく使用している限り」が守られなければ当然避妊効果は期待できない。男性視点で見ればこの避妊効果を得るための努力は女性に一任していることになるから、ピルの避妊効果を期待するというのはつまり女性が正しく服用してくれていることを信頼するのと同じと言えるだろう。考えようによっては妊娠というある種の結果をパートナーに知られることなく女性が独断でコントロールできる手段でもある。

◆ コンドーム
 正しく使えば98%程度の確率で避妊できると言われている。確率的に見ればかなり優秀なようにも思えるが女性自身が妊娠可能な状態でセックスしているという根本は変化していないので、どう正しく使おうとも妊娠の可能性と背中合わせであることは間違いない。また、ピルとは逆に男性がちゃんと装着してくれることを信頼する手段であるから、女性視点で妊娠の心配をするならセックスの最中コンドームが脱落していないか意識し続けなければならない。余談だが正しく使って起きる2%の妊娠とは一体どういう状況で起きるのだろう?

◆ 子宮内避妊用具
 子宮内に留置した器具の脱落等が起きない限りピルに匹敵する高い避妊率を期待できる。女性が妊娠する仕組みそのものを抑えるという意味ではピルに似ているが、最大の特徴は「避妊の意識を忘れていても避妊期待値が下がらない」という点だろう(避妊効果は最長5年)。なにしろ人為的ミスによる妊娠の可能性が発生しないのだから、忘れっぽい人にとってはこれ以上安心できる避妊手段もないだろう。ただし器具の脱落は女性自身が気づかないケースも多いようで、いざ事故が起きていた場合には知らないうちに妊活を行っていることになる。なお、かつては基本的に経産婦だけしか受けられない避妊手段だったようで、ミレーナと呼ばれる派生器具の登場により経産婦でなくとも選択可能となったそうだ。知らない同士が出会った場合に女性がこの手段を選択していることを男性側が確認する方法はない。

◆ パイプカット
 精管結紮術とも呼ばれ、おそらく現状では男性側から自発的に行える最も避妊期待度の高い手段だ(同様の手術を女性の身体に施す卵管結紮術というものもある)。ただしこの手段でも0.1%程度は妊娠が起きることもあるそうだ。妊娠させる機能を止めてしまう以上この方法も子宮内避妊用具と同じく避妊の意識を持ち続ける必要がない。射精すれば精子が含まれていない精液が出るので、出た精液を精子検査キットなどで調べれば一応その場で事実確認が可能だろう。その代わりここで挙げている他の避妊手段と違い、男として妊娠可能な状態に戻すのが簡単ではないという側面を持ち、独身または若い男性が選択を許されないケースもある。

 こうして比較してみて、避妊失敗率という数値とは別の部分で「思惑」あるいは「想定外」という言葉が避妊の期待値を左右しかねないことを想い描いてもらえたのではないかと思う。ピルやコンドームがお手軽かつ期待値の高い避妊手段として有効であることは確かだが、ただでさえ世界各国と比較して性教育が遅れていると言われている日本でどれだけの人達が「正しく使えている」だろうか。また、その運用をすべて相手任せにするという責任も決して軽いものではないはずだ。セックスを楽しむためにはバカではいられないし無責任でもいられない。読者の皆様もぜひ現在選んでいる避妊手段についてしっかり復習して頂ければと思う。それでは今回はこれにて。
 2018_02_15

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P