FC2ブログ



 前回の記事ではゴルフボールのアナル異物挿入というプレイを紹介した。その際プレイの準備については特に触れなかったが、特に衛生面で注意すべき事柄があるのはもちろんのことだ。例えば事前に排便を済ませるとか、軽めの浣腸で直腸内の残留物を洗い流すとか、念入りにやる場合はシャワー浣腸も数回行っておくなどの準備は筆者にとって必然だが、なぜ必然なのかと言えば肛門や直腸は便が触れる部位であり未処置では清潔とはいえないし、プレイ中に不意の排便が起きるのも興醒めするので避けたいという目的があるからだ。要するに「きれいに処理しておかないと不安で楽しめない」ということになる。アナルプレイに関心のない人なら、そもそも肛門や直腸に触れることがどの程度不衛生なのか考える機会すらなかったと思うが、準備の必要性については「まあ洗わずに遊べる部位じゃないよね」ぐらいには同意して頂けると思う。

 さて、今回の話は、これから新たにアナルプレイへ挑戦してみようとしている人に向けたものだ。一般的に、肛門や直腸を排便以外の用でわざわざ洗う機会はまずないから、どこまで綺麗にすればいいのかイメージしづらいことと思う。洗った湯が茶色くなければ充分なのか、除菌ペーパーで拭き上げれば充分なのか。どの程度洗えば衛生的かなんて、もしかすると肛門科の医者でも明確な答えは持っていないかもしれない(患者の便に触れなければいいという観点ではラテックス製の手袋で充分かもしれないが)。アナルに興味がない人々の反応が「あんな汚い部位を使うの?」という返事であることもやむなしと言えるだろう。

 とはいえ、こういった意識の差は元々あるものだし、各々の判断で納得できる洗浄を行えば済む話なのだが、ここで問題としたいのは「アナルプレイを誰かと一緒に行う」場合についてだ。去る2016年、堀江貴文氏と大島薫さんのホテルデートというニュースが流れた。あの報道を知った人は、きっと多少なりともアナルセックスしているふたりの姿を妄想したことと思う(筆者は堀江x大島派)が、真相はともかくそのような妄想をした際、彼らがアナルセックスに先立ってきちんと下準備を済ませたかどうかも想像しただろうか? 考えていたとしたらそれはどのような洗浄だっただろう? そもそも男同士の情事という時点でどうあれ不潔だと思っただろうか?

 実際アナルを使ってひとりで遊ぶのなら衛生面については自分さえ納得すればよく、もし感染症など発症してしまったとしても自業自得という話で済む。だが相手がいる場合、自分だけでなく相手に起きうるリスクも下げて、お互いに安心して楽しめる状況にしなければならない。求められる準備の程度はより厳しい基準を持つ側に合わせる必要があるだろう。あのふたりが最低限の洗浄もせずに合体し、お互いの股間から何やら便臭を漂わせながらプレイを楽しんでいるという状況…さすがに想像しづらくはないだろうか。それよりは、肛門も直腸もきっちり洗い上げた(ムダ毛処理も完璧な)大島さんの美しい股間を前にして感嘆する堀江氏という状況の方が、まだ容易に想像できる。アナルという特殊な部位を使う趣味なればこそ、それを楽しむ人達は相手にも納得してもらおうという意識が強いはずだと筆者は思っている。

 アナルプレイを一緒に楽しむ相手を気遣ってきちんと準備ができる人は、ひとりで楽しむ際の準備もきちんとやっているはずだ。おそらくはプレイ後の処置も、頭髪も含めてきっちり全身洗って両手と現場をアルコールスプレー消毒するぐらいはきっとやっている。アナルを使うプレイに非衛生的イメージが付いて回るのは当前だが、アナルプレイには下準備が必須だという認識もまたアナルプレイ同好者にとっては当たり前なのだ。アナルへの興味ありなし両陣営がそれ以上折り合う必要はない。ただただ、新たにアナルプレイの世界に入ってくる人に、独断ではない衛生面への取り組みを理解してもらい、もし誰かと楽しむ機会が訪れたときでも通用するレベルの準備ができる人になってもらえる事を望むばかりだ。それでは今回はこれにて。
 2017_05_15


 筆者は初めてのアナル異物挿入がゴルフボール(ローションなし)で、その後もゴルフボール腸内行方不明事件などの経験を積んできたが、ここ数年そのプレイから遠ざかっていたことを思い出し、久しぶりに挿れてみようと思い立った。その結果として、今までで一番の快感を感じることができた。今回はそのレポートと同時に、今までその使用感について詳しく語ったことがなかったため、ここに紹介しようと思う。

そもそも、なぜゴルフボールなのか
 直径43mm、重さ46g、ディンプルと呼ばれる表面のくぼみが約400個(メーカーによりバラつきあり)、これがゴルフボールの基本的な仕様だが、数値以外の特徴も含めてゴルフボールはアナルに挿れる物として優れた点が目立っている。

・ちょうどいい重さであること。ピンポン玉のように軽すぎる球体は体内での存在感が楽しめない。鉄球など重すぎる場合は(体勢次第だが)重力に引っ張られて勝手に降りてきて排泄してしまう。
・扱いやすく安全であること。凹凸のない表面の球体はローション使用時に滑ってしまい取り扱いが難しい。突起がある場合は取り扱いやすいが、その突起が腸壁を痛める可能性がある。
・ガラス玉などに共通する滑らかな表面は、ローションが拭い取られた部分が腸壁に吸着して動きを阻害する場合がある。ゴルフボールはディンプルのおかげで腸壁に対する吸着力が小さく、動きが滑らかである。
・樹脂コーティングの滑らかな表面を持つため汚れが付着しにくく、また洗えばすぐ綺麗になるため衛生的。強度は高く、落としても割れたりしない。
・(後述の理由でオススメはしないが)ディンプルのおかげで、腸内で球同士が擦れた時にゴリゴリとした感触と音が楽しめる。

 43mmという直径だけはアナル異物挿入の高いハードルとなっており、初心者はもちろんのこと中級者でも準備運動をしておかないと容易に怪我をしかねない(肛門を通過中、不意に括約筋を締め付ければ、肛門はあっけないほど簡単に切れる)。筆者も未だ、プレイ序盤の挿入時にはある種の覚悟を決めて慎重に挿入している。このようなリスクを内包しつつも、決して挿入不可能ではない大きさで、かつ最大限の異物感を与えてくれるゴルフボールはアナルに挿れる異物として実に素晴らしいグッズだと言える。

代用品としてのガラス玉
 ゴルフボールの直径は筆者には若干厳しい大きさなので代用品もいろいろ探してきた。例えば東急ハンズのようなDIYグッズが豊富な店に行けば様々な素材・直径の球状グッズが見つかるが、試してみたグッズで代用品として優秀だと感じたのはガラス玉だ。丈夫なこと・温まりやすいこと(寒い季節にはグッズも冷えており、温まりやすいものはすぐ使えて便利)・比較的多様なサイズが販売されていることなどが長所として挙げられる。筆者はいくつかのサイズを使ってみた結果、手元には直径30mmと40mmのガラス玉を所持している。ただ、その滑らか過ぎる表面ゆえ「抵抗が極めて少なく出し入れが容易、その代わり摩擦感がまるでなく肛門部への刺激が地味」という特徴を持つ。ついでによく滑るので落としやすく、プレイ中にあらぬ所へ転がり込んでしまい困る事もある。
 ゴルフボールが中級者以上の嗜みだとすれば、ガラス玉は初心者~拡張中の中級者向け便利グッズという感じだ。

使用感
 ゴルフボールとガラス玉のディテール差を感じるのは肛門の最も狭い部分を通過するまでであり、いざ直腸内まで侵入されてしまえば、もはや直径以外の要素は感覚に影響しない。ローションが充分ならばこれらの球なら同じように滑らかに動くし、例えばローターのような振動体ですら直腸を奥へと上がっていくにつれて振動はほとんど感じられなくなる。要するにおおむねどんな球体であれ、直腸内を便が下がってくるあの圧迫感が再現される。もちろんこれらのグッズは圧力を受けても変形しないから、何度直腸内を上下移動しようとも変わらない圧迫感・異物感を延々と味わえる。感覚として新鮮なのはやはり肛門をギュッと締め付けたときに生じる、ヌモヌモと直腸を拡げながら異物が押し上がってくるあの感覚だろう。この快感も基本的には直径が大きくなるほど快感が増す。筆者の場合、ゴルフボールより大きな球体では苦しさが邪魔になり楽しめない(し、肛門が切れたりして痛みが起きる)ため、30mmガラス玉で慣らしてからゴルフボールという順序で楽しんでいる。
 快感の招待はおそらく前立腺やその他直腸の快感ポイントをまんべんなく圧迫されているからだと考えられる。肛門を締めては腰の奥から生じる性感に短いため息をついて脱力し、排泄されようと下がってきたゴルフボールを再び奥へと押し上げる。締めるタイミングが遅れてゴルフボールを勢い良くひり出すミスさえ注意すれば、少し腰がしびれるような甘い快感をとりあえず延々と楽しめてしまう。頭ワルイ感じのエロ妄想を添えれば気持ち良さも一層高まる。
 不思議なのはこれがディルドのような棒状のグッズだと同じような快感が起きないという事だ。快感はとにかく、肛門が締まっていく途中から完全に閉じてゴルフボールがぐっと押し上げられる間に発生している。もしこれが球状グッズ特有の快感だとすればチンコを挿れられても同じ快感は得られないはずで、つまりアナルセックスで挿れられる側の気持ち良さの根拠はもっと別の種類の快感なのではないかと推測している。この点はもう少し調査が必要だろう。

身体へのダメージについて
 以前はゴルフボールを複数挿れていたが、つい最近、2個以上の同時挿入が非常に危険であることを体験したので、同じ失敗を避けて頂くためにもここに掲載する。
 何が起きたのかというと、ゴルフボールに挟まれた腸壁が圧迫による損傷を起こして出血したのだ。直腸の腸壁はストレートな筒状ではなく何箇所かくびれのような横ヒダがある。2個以上のゴルフボールが直腸内にあるとき、それぞれの球は収まりのいい場所、つまり横ヒダのない位置にあるはずだ。ということは、球と球の間にちょうど横ヒダが挟み込まれている場合もあるということになる。もし、この状態で肛門を締め付けるとどうなるか? 下にある球はすぐ上にある球を押し上げるが、その間には腸壁が挟まったままだ。それぞれの球は勝手な向きに回転もするだろう。ゴルフボールの表面にはディンプルもある。さながら両手の握り拳をこすり合わせるようなゴリゴリとした圧力が腸壁を挟み込んで強力に圧迫したのである。柔らかい粘膜はひとたまりもなかっただろう。
 こうして、ひり出したゴルフボールは鮮血に染まり、筆者の顔は蒼白となった。幸いにも翌日には回復し大事には至らなかったが、それ以来挿れる球は1個だけと決めている。


 とりあえず未経験者がいきなりゴルフボールを試すのは蛮勇でしかないのでオススメしないが、拡張していけばいずれ挿入は可能だし、凹凸の激しいものを避ければ大怪我をすることもないだろう。アナルは大変わかりやすく新しい性感を感じられる素晴らしい部位である。まずは指の挿入から慣らして、いずれは各種アナルプレイを楽しめる身体を手に入れて欲しい。それでは今回はこれにて。

関連記事:オナニー中に起きたハプニング ~アナル編~ ゴルフボールの行方不明事件を書いた記事。
 2017_02_23


 ウィダニーの延長として、あるいは前立腺初期化法と呼ばれるドライオーガズム探求者に知られている特殊なプレイ。それらを体験したいという欲求に突き動かされ、筆者は尿道カテーテルの挿入および尿道経由での前立腺へのアプローチに挑戦した。以下はその体験記である。

【前提】
 ウィダニーで尿道内を刺激するのはゼリーや液体である。これで快感を得られるようになった人は、ゼリーより固いものを挿れれば刺激も強くなるのではないか?と考え始める。また、尿道は前立腺の中心を貫通しており、もし尿道越しに前立腺を刺激できるならばアネロス等のグッズによる直腸側からのアプローチを超える快感刺激が得られるのではないか?という発想に至る。至ってしまったなら、あとは挑戦するのみである。

挿入物1:サウンディングビーズ
 筆者は尿道ブジーにも少し興味があるため、その延長として購入してあったサウンディングビーズでの前立腺到達に挑戦した。しかし、サウンディングビーズは下記に記すカテーテル類と比べても2mm以上太いグッズであり、チンコの根本あたりまでは何とか挿入できるもののそれより奥への挿入は難しく、無理をすると強い痛みもあった。本体の芯を通っている金属ワイヤーの張りも意外に強く、尿道に沿って自然に曲がるというよりは、尿道のカーブをキリキリと圧迫しながら侵入してくるという感じだ。とにかく痛みが我慢できないため、このグッズは途中で諦めた。(念のため補足するが、チンコの根本までの挿入に限れば筆者にも快感を得られるグッズではある)

挿入物2:シリコンゴムカテーテル
 細くて丈夫で柔らかく表面が滑らかなグッズ、ということで選択。これに加えて直径約3mmという細さは他のグッズでは得難い特徴だろう。元々が尿道に使用するための医療器具であるから安心感もある。長さは30cmを超えるが一切凹凸のないシンプルな筒という感じで、この点はサウンディングビーズと比べると刺激への期待値が下がってしまうが、結果的に挿入による痛みは明らかに弱まっており、かなり奥まで挿入することに成功した。ただし、先端部にある開口部(尿を通過させるための穴)のエッジがかなり立っており、試しにと舌や唇に触れさせてみるとチクチクとした感触を感じた。これがやや強めの弾力と相まって尿道内では痛みとして感じられた(この問題は本来の治療シーンでも同じことが起きているはずなので、根本的に改善すべき箇所だと思う)。尿道括約筋に先端が到達するぐらいには挿入できたようだったが、今回も深部の痛みに耐えられなくなり、それ以上の侵入は断念した。

挿入物3:天然ゴムカテーテル
 形状など基本的な要素はシリコンゴムカテーテルと同じだが、天然ゴム素材のおかげでしなやかさが強調されている。このグッズで遂に膀胱内への異物到達を達成した。しかしながら、期待していた「前立腺通過時の凄まじい性感」と言えるような刺激は感じられなかった。とはいえ尿道全体にわたる新鮮な感触は、性的に充分興奮できるものであった。以下、箇条書きでのプレイメモとなる。

・尿道は亀頭付近に抵抗の強い箇所があるが、このカテーテルはまったくスムーズに通過した。
・カテーテル先端が尿道括約筋に到達するまでの間に感じた各所の痛みは、一呼吸ゆったり待つことで収まる。あせらずゆっくり挿入すればかなり回避できる。
・カテーテル先端が尿道括約筋を通過する直前、するどい痛みが起きる場合がある。これは引き締まった括約筋をカテーテルが無理やり押し広げようとすることで生じる痛みのようだ。こういう時は落ち着いて20秒ほど待ち、改めてゆっくり押し込んでみれば意外なほど簡単に通過する場合がある(筆者は2回待って、3回めの押し込みでスルリと通過した。うまく通過した際は痛みがほとんど生じない)。とにかく無理せず「少し待って、緊張が解けたら挿入する」を念頭におく。
・膀胱まで到達したものの、結局「あ、いま前立腺の中を通過してるな!」というはっきりとした実感は得られなかった。
・カテーテルの微妙な出し入れ(5mm程度。ゆっくり往復)によって、チンコの内側周辺と括約筋付近から起きる感触は、勃起を引き起こす程度には気持ち良く感じられた。また、カテーテルをゆっくり旋回させると、体内の数カ所でその動きを感じることができる。
・今回、挿入直前にウィダニーでの尿道拡張を行っている。未拡張状態からの準備なしの挿入と比べて、挿入難度を低下させた可能性は大いにありそうだ。
・挿入状態で尿道括約筋を締めると強い痛みが起きる。常時、オシッコを我慢するような力をいれない意識で。
・今回用意したカテーテルの先端部には、シリコンゴムカテーテルよりも大きな開口部が見られた。この開口部のエッジが尿道を引っ掻き傷つけるのではないかと心配したが、出血するようなダメージを被ることはなかった。
・プレイ後2日間の排尿で痛みを感じた。1回めの排尿では括約筋周辺に、2回め以降はチンコの根本から陰茎中ほどまでの範囲の尿道。排尿が困難なほどの痛みではない(最初期の尿道プレイで排尿困難なほどの激痛を感じたことがあり、それに比べれば弱いという程度)。
・膀胱に到達した際のカテーテルの残り長さから、4割程の勃起状態における筆者の尿道口から膀胱までの長さは約28cmとわかった。

まとめ
 尿道開発は繰り返しプレイすると痛みが減って前立腺の快感も徐々に強くなるらしい。今回のプレイで多少なりとも前立腺に快感が生じたなら頑張ってみようと思えるのだが、筆者の場合は痛みが一番強い刺激であり、今は頑張っても辛さのほうが上回ってしまう。とりあえずの目的は達成できたので異物尿道挿入による前立腺開発は先送りするつもりだ。液体を用いた注入プレイなら確実に快感が期待できるので、今後の尿道プレイはウィダニー中心となるだろう。もし、同じように挑戦する読者がいるなら、性感を感じられることを祈っておく。それでは今回はこれにて。
 2016_05_02


 最近はウィダニーにハマってしまい入浴のたびに楽しんでいるが、前回の記事(→記事リンク)で触れたいくつかの要素に進展があったので、今回はウィダニーに関する続報や新発見をご報告する。

クラッシュ蒟蒻畑
 前回の記事で「クラッシュ蒟蒻畑は、ウィダーインゼリーに比べて飲み口が太いこととゼリーの弾力の強さから、圧力をかけてもゼリーが入っていかない」と書いたが、そもそもパックの握り方次第でゼリーの出やすさが変化するとわかった。握り方がまずければゼリーの圧力が高まらないため、尿道の状態に関わらずゼリーは入っていかない。ウィダーインゼリーと比べていよいよ上級者向けという感じだ。

 また、ゼリーが崩れにくいため、比較的大きなゼリー片が無理やり侵入してくることになる。それが強力な異物感を生み出している反面、膀胱に達したゼリーが排泄できなくなるのではないかという心配の原因にもなっている。「いや入ったものが出ないわけはないだろう」筆者もそうであって欲しいが、蒟蒻畑を使った翌朝の排尿は困難だったという経験者の言もあり、慎重にならざるを得ない。筆者はパックをよく揉み込んでなるべく細かく砕いてから使っているが、それでもゼリーの粒はウィダーより小さくなることはなく、今日までに注入した分がすべて排泄できたのか正直なところ自信はない(汗)。異物感を楽しむだけなら、膀胱へ到達させないようにするのがひとつの対策になるだろう。

 なお、蒟蒻畑クラッシュでのプレイ3回めあたりで「もう尿道も慣れただろう」と、買ってきたそのままでく無理やり注入したところ、どうやら尿道が限界以上に拡張されてしまったようで、プレイ後の排尿で激痛を味わうハメになった。蒟蒻畑を使われる際はくれぐれも注意されたし。

経口補水ゼリー
 尿道へ挿入する異物を殺菌・消毒することはプレイのお約束だが、それは異物として食品を使う場合でも必要だと考える。ウィダーインゼリーなどパウチ処理された食品は製造時に殺菌処理されているので充分安全だと思うが、より衛生的な物があるならばそちらを選びたくなるのが消費者心理というものだろう。そこで試してみたのが「経口補水ゼリー」と呼ばれるものだ。フルーツ系の味付けがされていたり一部果汁が含まれているウィダー類と違って添加物が少なく、香料も控えめなあたり、いかにも尿道注入に適した雰囲気がある(気がする)。また、一部の経口補水ゼリーはウィダーより価格が安く(100円未満のものもある)、これで気持ち良さが充分であれば最高の注入グッズになる……はずだったのだが、残念なことにゼリーの弾力がまったく足りずほぼ液体という感じで、異物感は無きに等しいというものだった。まあ、飲みやすさが求められる経口補水ゼリーが高弾力で崩れにくいワケがないのだが(笑)。これについては一度試してそれっきりだ。


 筆者はウィダニー後、膀胱内に残っているであろうゼリーを速やかに流し出すため、尿が溜まるのを待つのではなくウィダーのパックを利用して湯を膀胱に注入し排泄するという対応をしている。医療関係者が聞いたらきっと心配よりも先に呆れられるだろうが、今のところは膀胱炎も起きずに済んでいる(あくまで個人的な話であり、同プレイでのリスク回避の保証はできません)。

 さて、最初は単なる膀胱洗浄の目的だったこの「湯の注入」が、最近新たな快感になり始めたのでご紹介しようと思う。その名も「オシッコ我慢の限界突破プレイ」だ。読者の皆様も、やむを得ずオシッコを我慢しなければならない場面に遭遇した経験があると思うが、特に男性においては溜まりに溜まったオシッコを出すときにムズムズした快感を感じた人が多いのではないだろうか。あの快感、おそらく尿道括約筋の緊張が一気に開放されることで前立腺あたりの尿道が拡張されて、前立腺が圧迫刺激されているのが原因だと筆者は推測している。

 そこで湯の注入だ。まずパック1つ分の湯を注入し、さらにもう一度パックに湯を入れ(5割程度)尿道口へ押し当てる。これで準備完了だ。そのまま排尿すると排泄された湯はパック内に溜まっていくのだが、すぐにパックが満タンになりそれ以上排泄することができなくなる。すると、行き場を失った湯が尿道括約筋を押し広げ、あの感覚が再現されるのだ。さらにここで、パックを持っている手を一瞬だけ握りこんでみると、その圧力が湯を伝わって尿道括約筋まで届き、前立腺あたりを直接ツンツンとノックされているような刺激を得られる。これが筆者にはたまらない快感となるのだ。いまやウィダニーはこれを行うためにやっているという状況ですらある。

 ただし、すでに尿道内の圧力はかなり高まっているので強く握り込むのは危険だ。指先だけを曲げるような小さな握り込みで充分に刺激を得られる。少しでも痛みを感じたなら即座にパックを引き離して排尿すること。そもそも最初に注入する湯の量も、自分の身体の様子をよく観察しながら加減すること。挑戦される方々においては、非常にリスキーな行為であることを充分ご理解頂きたい。

終わりに
 というわけで、今回の報告は以上だ。これ以外にも試そうとしたグッズはあるが、失敗に終わるか事故が起きる予感がして避けたりしている。特に、どんなに柔らかくても元は固かった物や溶けにくいものが含まれているなら試さない方が無難だろう(例:麺類)。また、液体は注入が容易である反面、限界を超える時も一瞬だという危険がある。筆者も自分の身体を過信せず、慎重なプレイを心がけたいと思う次第だ。それでは今回はこれにて。
 2016_04_26


 ウィダニーについてはそれが一部で話題になり始めた当時から情報を集めたり試してみたりしていたのだが、尿道ブジーというグッズでお世話になっている竜崎氏から教えてもらった「ウィダニー系ならクラッシュタイプの蒟蒻畑の異物感が良いそうだよ」との情報に、筆者は久しぶりにコンビニへダッシュした。

 ところでウィダニーについてネット検索してみると、体験談そのものより「実際どうなのかやったことないので知りたい」あるいは「やってみたら大変な事になった」という2系統の記事が多く見られる。前者はウィダニーへの関心度の高さが伺えるが、後者についてはこれから挑戦しようとしている者にしてみれば不安が煽られて仕方ない情報だ。一般的に考えてもチンコ(尿道)へ異物を入れるという行為はまず起き得ない現象だから、行為の手順だって確立されてはいない。つまり、ウィダニーというオナニーは挑戦者各々が独自の手法で(または誰かの手法を真似て)試している段階であり、様々な問題が起きてしまっているのもやむない。膀胱内に入ったゼリーが出てこなくて困っているとか(なぜ膀胱内にゼリーが残っているとわかるのか謎だが)、金玉が重くなった感触があるといった胡散臭い報告もあれば、尿道炎・膀胱炎などのガチな感染症に罹った例、尿道口を広げすぎて裂傷を患った例など、志半ばに倒れていった挑戦者の悲しい姿がそこかしこで確認できる。

 筆者も性感への興味は強いが、痛みを伴うのはできるだけ避けたい。ありがたいことに、歴戦の挑戦者たちの失敗談には失敗した原因や推測が添えられているケースもあったので事故対策に活かさせてもらった。例えば次のようなものである。

尿道口の裂傷:パックの飲み口を尿道へ差し込もうとして起きている。尿道口に差し込まず、飲み口を亀頭へ押し当てるに留めることで裂傷は回避できる。(ゼリーがこぼれ落ちるのを防ごうとして無理をしてはいけない。多少のゼリー漏れは仕方ないものとする)
排泄時に気泡が混ざった:パック内の空気を押し出してから注入すれば回避できる(これも少々のゼリーこぼしは仕方ないものとする)。膀胱内に空気が入るというのは言いようのない不安が感じられるので、できる限り避けたい。
感染症:注入直前にウィダーのパックおよび両手をエタノールで消毒する。自分の手や亀頭も事前によく洗い清潔な状態にしておく。また、注入・排出したゼリーは決して使い回さない。足りないなら2個買っておけば良い。
・プレイ後はできるだけ速やかに排尿して体内・尿道内に異物を残留させない。プレイ前から多量の水分を摂っておき尿量を増やす。

 上記の対策はあくまで素人考えの範疇であり、安全性の面では医療関係者が見れば笑うレベルだと思う。あくまで自己責任としてこれらの対策を必ず行うようにするつもりだ。

 さて、今回のプレイはウワサの蒟蒻畑クラッシュを試すところから始めた。しかしながら、ウィダーに比べて飲み口が太いこととゼリーの弾力の強さから、パックを握って圧力をかけてもチンコの中程より先へゼリーが入っていかない状態が続いたため、あえなく中断するに至った。おそらく尿道の拡張あるいはゼリー注入プレイへの慣れが必要と考えられる。ひとまず蒟蒻畑は中級者の嗜みと結論付け、筆者は再びコンビニへダッシュした。

 新たに用意した本家ウィダーは、結論から言えばまったく問題なくプレイを完遂できた。飲み口の直径が細くゼリーの弾力も弱いため注入難度が低く、それでいて尿道へ侵入したゼリーは異物感を失わせない程度に固形感を維持しながら徐々に奥へと入ってくる。筆者の場合はまだ尿道が拡張されていないため、三歩進んで二歩下がるの要領で圧迫と開放を繰り返しながら(その都度、尿道口付近から少量のゼリー流出を許しながら)、パックを握って圧迫しゼリーを押し込んでいくという方法で攻めていく。パックを握るたびに体内の未知の部位が圧迫される新感覚は素晴らしいものだ。さらには、尿意を感じた時などに力を入れる部位(外尿道括約筋や前立腺付近)へ、繰り返し握力を込めて刺激を与えるという快感も、そして遂には、今回は止めておこうかと思っていた膀胱内へのゼリー注入まで、興奮の最中立て続けに体験してしまった。膀胱内にゼリーが達した際は、その直後に尿意が起きるなどの感触も得た。

 さすがに膀胱内への注入を達成したと同時に、これはヤバいところまで行ってしまったと冷や汗が出て、すぐさま排泄を行った。すると膀胱内にはまだ尿が溜まっていなかったらしく、ゼリーだけが絶え間なくドゥルドゥルとした感触で通り抜けていく感触があった。正直に言ってこの感触は性的な快感である。ただし、ウィダニストの一部で言われている「まるで延々と射精するかのような快楽」には程遠く、筆者の感覚においては残念ながら、そういった期待を込めている人にお勧めするほどのプレイではなかった。とはいえ、今までにないこの新感覚を味わってみたいという欲求に対しては確実に達成感を得られるだろうから、依然としてウィダニーのプレイバリューは健在と言える。余談ながら、嘔吐するときの食道に感じる異物感・圧迫感と若干似ているとも思った。

 今回、筆者は幸運にも感染症に罹ることなくプレイを乗り切ることができた。皆様の安全を筆者が保証することはできないが、これからウィダニーを試す皆様には、少なくとも先に書いた事故対策を実施して頂きたいと願う。なお、より安全な注入物の候補として経口補水ゼリーを試すべく注文したところだ。これも追って使用感などお伝えしたい。それでは今回はこれにて。

後日試した経口補水ゼリーのレビューはこちら
 2016_02_03

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P