FC2ブログ



 筆者が知る限り「愛撫されている間、自分の身体を自分で刺激するのはダメ」と考えている人は少なくない。実際こちらが愛撫している最中、自身の身体に触れている女性にはほぼ会ったことがない。言い換えると、愛撫されるならその刺激だけで気持ち良くならなければならないということになる。そんなことはセックスのルールではないし、もっと気持ち良くなりたいという欲求は持っているはずなのだが、押し並べて皆、相手の愛撫にすべてを任せるという傾向にある。

 このような状態で性欲を満たすには、①愛撫の腕前を相手が満足するレベルまで引き上げる ②相手にも協力してもらって快感の総量を増やす、このふたつの方法があると思うが、筆者が読んできたセックスハウツー本では②の方法を肯定し推奨しているものを目にしたことがない。愛撫する側が頑張るばかりで、「相手と一緒に快感を引き上げる方法」は大変に軽視されている印象だ。

 この件についてツイッター等で意見を頂いたところ「自分で刺激しちゃうと、相手の愛撫が下手だと言っているようで気が引ける」「普通の愛撫では足りない貪欲な人だと思われたくない」といった遠慮があるようで、そのうえ「愛撫されるのと同時に、自分でも刺激したいと思う場面はある」という欲求不満も散見された。そういう不満をセックスする相手と相談してない状況は実によろしくないと筆者は思うが、多くの人にとってその相談は恥ずかしかったり避けたりするものであるようだ。

 しかし、この問題を①の方法で解決するのは大変なことである。だいたい、オナニーで知り尽くした自分自身の性感帯とその弄り方を、例えパートナーとはいえ他人の手による愛撫が上回るというのがなかなか無茶な事ではないか。「愛撫で与えられる快感が、パートナーにとって最高の刺激になったらいいな」という理想もあるだろうけれど、それはパートナーと何度も身体を重ねていつかやっと到達できるレベルのコミュニケーションの結果であり、セックスへの不満を相談できない同士で実現させるのは極めて難しいことに思える。

 愛撫を施した相手が大いに感じて何度も絶頂に達したなら、それは確かに素晴らしいことだろう。だが、その理想の根底に「愛撫で相手をイカせなければならない」「相手から施されることに不満を言ってはいけない」などの先入観が溜まってはいないだろうか。満足することと絶頂することはイコールではない。愛撫でイカなきゃならないなんてルールもない。セックスの序盤からしてそんな高みを目指していては、それ以降に控えているいろんなお楽しみタイムにいつまで経っても進めないではないか。愛撫は最低限「本番の感度をきちんと高める」という目的を達成すればよろしい。(そもそも多くのカップルにおいて本番の感度をきちんと高める愛撫それ自体が足りていないのだから、当面の目的はこれで充分だ)

 さて。それでも少なからずの人は、愛撫で相手をイカせたい(またはイカされたい)という欲望が残るだろう。筆者も愛撫での絶頂を目指しちゃダメだと言いたいわけではないので、最後にアドバイスを贈ろう。それは「相手のオナニー方法を教わり、それを真似して、相手に追いつく事から始めましょう」だ。どこぞの愛撫技を身につけるのではなく、パートナーがオナニーするのと同じ状況を再現できるように頑張るわけだ。例えば手マン・手コキという行為をマネる際、あなたの手を「普段パートナーがオナニーしている時の手の向き&位置」と同じにする、ということである。筆者の経験上、これを意識するだけで相手の反応は良くなる(し、手コキされる快感も向上した)。相手の正面に座する以外にも愛撫のスタイルがある。それでは今回はこれにて。
 2016_09_09


 誰が決めたか知らないが、セックスにおける膣内の潤滑については「とにかく濡れさえすれば準備OK」「濡れ度合いが激しいほど良い」などの意見が男性の間では広く認識されている。あるいはそこまで断定的でなくとも「濡れないよりは濡れたほうが良いんですよね?」ぐらいの認識は、ほとんどの男性が持っていると言えるだろう。

 ここで改めて考えたいのは、一体その良し悪しを誰の視点で判断すべきか? ということだ。膣内の潤滑が充分であることは男女共に快感を得るため必須だが、潤滑不足で無理やり合体すれば痛くなるのもまた当然の話で、しかも粘膜は摩擦に弱く怪我も起きやすい。単に湿りを帯びた状態と、セックスに適した状態まで潤っているというのでは、まったく話が違う。潤滑不足で痛みや怪我をより被りやすいのは女性だということも忘れてはならない。

 また、濡れるという現象も何を持って充分だと判断するのかが大事だ。潤いは合体までに分泌される愛液の量だけで決まるものではない。粘度が低くサラサラとした愛液の体質の女性なら、どれだけ膣内が潤ったとしても摩擦痛を抑えきれないかもしれないし、ねっとりとした愛液が分泌される女性でも性交中の分泌が足りなければいずれ潤滑不足へと至る。そもそも愛液は性交中に体外へ流れ出たり徐々に乾いたりして減っていくのだから、挿入直前の濡れ度合いだけを気にするのではなく、性交が終わるまで潤いが保たれるような状況作りを目指すべきだろう。

 さらに、コンドームを使う場合「ギシギシ感」とでも表現するようなゴム特有の擦れ感が女性に生じる。これはコンドームの素材、チンコへのフィット具合、そして女性自身の濡れ度合いや感覚の違いによって、女性それぞれに大きな感覚差が生じているそうだが、その擦れ感を「不快なもの、あるいは痛み」として感じ取っている女性が少なくないことは知っておかなければならない。

 さて。ではこれらの問題について、どうすれば改善できるだろうか。手段は複数あると思うが、今回筆者からは「補助グッズの使用」を提案したい。ひとつはローションの併用、もうひとつはコンドームの選択だ。

 まずはローション。愛液の粘度と分泌量は個人差があり、粘度の高い愛液が分泌され続けるよう体質・状況改善を狙うのは難しい。より多く濡れさせるために男性が愛撫の技を極めるなんてのも簡単ではない。しかし挿入前にローションを塗ることは確実な効果があり、その効果が足りなくなってきたら途中で塗り直せばいいので持続も可能だ。それからコンドーム。特に男性が気にしがちなゴムの厚みにとらわれることなく、女性の体に優しいものを選ぶことで、これも物理的に改善可能だ。具体的には「薄いゴムほど伸縮の余裕がなくギシギシ感が増す(0.01mm、0.02mmのコンドームが特に痛いという女性もおられた)」「素材の違いでも摩擦感に差がある」等が女性から教わった情報だ。

 これらの提案に基づく筆者のお勧めアイテムを紹介して今回の記事は終わろう。

セックス専用ローション「ラブスライド」
 ペペとかアストログライドとか試して行き着いた、性交用に特化したローション。これに切り替えただけで女性から「なんか上手くなったよね?」と言われた事があった(おそらく摩擦感が低減したのだろう)。ローションの差がセックスそのものの楽しさも左右しかねないという一例だ。
販売元サイト:http://www.lovecosmetic.jp/
商品説明、通販URL:http://www.lovecosmetic.jp/stat_search/itcd94795_list3.html

コンドーム「SKYN」
 フォロワーさんに是非と紹介され、実際に使ってみて「擦れ感が全然ない!」とお墨付きをもらったコンドーム。少なくともお勧めした人達全員が良いと認めてるナイスなアイテムだ。標準的なコンドームと比べてもかなり厚いが、薄さをウリにしているコンドームとは違った「充分イケる快感」を得られたという点も良い(一般的には厚みが増せば男性の得られる感覚が鈍くなる)。
通販URLは下記サイトに各種リンクあり。5個入りと10個入りがある。
販売元サイト:http://www.fujilatex.mobi/pc/products/skyn/index.html

 セックスの改善は己の自信にもつながる。数千円の投資でこれだけ大きなリターンを得られるなら筆者は大変お買い得だと思うが、いかがだろうか。読者の皆様の良きセックスライフを期待しつつ、それでは今回はこれにて。
 2016_06_26


筆者は愛撫の技を知ってもらいたくて図解画像をツイートすることがある。その中でも乳首愛撫の技をまとめた画像は比較的多くリツイートされる傾向にあるが、最近この技に対する女性からの「こんなことされても嬉しくない」というニュアンスのツイートが少しずつだが増えている(リプライではないツイート含む)。愛撫で得られる快感の強さは基本的には受け手の感度に左右されるので気持ち良くないという意見が出るのはわかるが、「ただ痛いだけ」「こんなことをする男は女性に嫌われる」といった嫌がる人も少なからずいるという現象については、愛撫において何らかの間違いが生じているのではないかと心配になった。

そこで、今回は女性に対して行う乳首愛撫に的を絞り、基本的には快楽を得られるものだという前提に立って、なぜ否定的な意見が出てくるのか、それを検討しようと思う。まず、考えられる原因を以下に列挙してみた。

技を使う側に原因があるケース
力加減を誤っている:
乳首愛撫ではできるだけソフトに触れることが重要だが、触れる力が強すぎて、快感を通り越し痛みになってしまうというもの。多くの女性の意見から、大抵の原因はここに帰結しているように思える。また、男性が愛撫する場合、男の感覚では最弱の力加減だとしても、それが女性にとってはそこまで弱く感じられないという事もある。限界以上に弱く触れる工夫を考えたいところだ(例えば衣類の上から触れる)。

指先の形:
男性の指先は、女性に比べれば皮膚が硬くガサつきが強い。つまり、もし女性と同じ力加減で触れたとしても、刺激が硬質で鋭くなりやすいと言える。指先を含めた手の平を柔らかくしたければ男性もハンドクリームを使うと良い、というのは複数の女性から教わった工夫の一例だ。また、指の肉だけでなく爪も大事なポイント。モテるためのノウハウ本には「セックスの際、爪は短く切ってあるべき(本によっては常識とも)」と書いてあるものが多いが、ヤスリがけまで推奨している本を見た記憶はあまりない。指先全体へ意識を広げたいところだ。

技が再現できていない:
女性にとって適切な力加減で触れられれば、少なくとも痛みは起きなくなる。しかし、技が上手くなければ快感の刺激もまた起きない。技は相手に合わせて調整するものなので、パートナーに対して最適化されているかどうかは、気持ち良く感じられない原因になり得る。

技を受ける側に原因があるケース
感度が高すぎる:
これも比較的多く見かける意見だ。いったい誰と比べて感度が高いのかわからないが、少なくとも本人がそう思っている以上、技を行う側が繊細な刺激を心がけるべきだろう。また、感度が高い人は「だからこそ愛撫を優しくして欲しい」と相手に理解させる事が重要だ。感度が高いとだけ聞かされた男性の脳裏に浮かぶのは、悲しいかな「じゃあ思いっきり感じさせてやるぜ」という意気込みであることが多い。感度が高すぎる貴女に必要なのは、鼻息荒い強い刺激ではなく、落ち着いた優しい刺激のはずだ。

最初から乳首が痛い:
女性の身体は何らかの理由で性質が変化する場合がある。例えばホルモンバランスが変化して乳首(あるいは乳房全体)への刺激が敏感すぎて痛くなったり、母乳が出るようになって乳首の感触が変化する例がある。あるいは、相手の愛撫が下手でダメージが残っているとか、擦れたり引っ掻いてしまって傷を負ったなどの外的要因もあるだろう。こんな状態で乳首愛撫を受ければ、気持ち良くならない・痛みを感じる、というのも当然だ。触られさえしなければ痛くはないという状況で愛撫されて痛みを感じれば、愛撫そのものが嫌いになっていくだろう。

技を受けたくないという思考:
自分にとって悪い印象が残る乳首愛撫を受けたなら、同じ部位に愛撫を受けたくないと防衛するのは当然の反応だろう。そんな心境では開放的な状態と比べて当然快楽も弱まってしまう。このマイナスイメージを解消するには、改めて適切な愛撫を受けるしかない。

乳首の開発が進んでいない:
個人差はあるが、自分の乳首を性感帯として認識するより前の時期、最初は乳首を触ってもべつに気持ち良いとは思わなかったという人は多数派だ。そんな時期に乳首を愛撫しても性感が起きることはない。おそらく愛撫されても「なんだかなァ」という気分になるだけだろう。気持ち良くなるまでは愛撫ではなく開発だ、という共通認識が持てていれば話も違ってくるのだが。

技を使うシチュエーションに原因があるケース
・頻度が多すぎる:同じ部位を短時間に何度も弄れば、快感の感覚は麻痺して薄れていく。もしここで快感と共に痛みも生じているとすれば、薄まっていく快感に痛みが打ち勝ち(痛みは快感より麻痺しにくい)、愛撫そのものが苦痛になっていくだろう。これは、体を休める時間・期間を得られないシチュエーション、つまりセックスを求められる機会が多すぎる女性に起き得る問題だ。

・準備が整っていない:女性の体は男性と比べ、刺激に対して本来得られる性感を感じられるまでに、より長い時間が必要だとされている(経験的にもまったく賛同する)。また、精神的な高揚感や安心感が担保されないと身体が感じ始めない、というのも女性から多く聞く話だ。プレイに集中できない環境でも、愛撫は通じにくくなる。これらは痛みに直結する原因ではないものの、愛撫が気持ち良いものだと体感するためにはクリアしなければならない原因だ。


…以上がひとまず思いついた原因だが、このまま済ませてしまっては単なる妄想に過ぎないので、以後ツイッターアカウントでいくつかのアンケートを行い、意見を募集していく。筆者としては、ここにまだ出ていない原因も含めて、それぞれの正当性や納得度を判定するのではなく、どれだけの例があるのかという「広くて浅い」情報収集をしたい。身体の反応はまさに千差万別、統計によるグループ分けはできたとしても、いわゆる「その他」に属する理由を持つ人達を他のグループに押し込んではならないと考えているからだ。様々な例があることを知れば、原因がもっとあるのではないかという改善に向けて前向きな姿勢も生まれるだろう。

後日、集計結果がある程度まとまったところで続編となる記事を掲載するつもりだ。それでは今回はこれにて。


 2016_06_26

04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P