FC2ブログ



 オナホが大好きな筆者も、それが商品である以上ゲットするには購入資金が必要になる。ときには欲しいオナホを来月まで我慢するということもあり、そんな経緯を経てゲットしたオナホはちょっとだけ愛着が増したりするものだ(笑)。だが、せっかく楽しみにしていてゲットしたオナホが気持ち良くなかったときは残念な気分になってしまうのも事実だ。たかだか三~四千円という金額ではあるが、ゲット前にはそれなりに期待しているわけで、ハズレが連続してくれば段々と気持ちも沈んでくる。そこには避け用のないギャンブル性が潜んでおり、事前に断面図や広報資料から推測したり購入後に文句や批評を言うことはできるが、ゲットする時点ではどうしても運任せになる部分がある。

 オナホというグッズは特にこの数年で、開発メーカーが増え、様々なバリエーションが生まれ、これぞ最高と言われるような気持ち良さを持つオナホがいくつも登場してきた。しかしその陰で、オナホユーザーの多くが認めなかったハズレ扱いされるようなオナホも、これまた多数生まれ、そして消えていった。

 なぜ、月に数十種類、年に数百種類もの新商品が発売されるこの業界で、これほど当たりハズレが激しくなるのだろうか。

新メーカー参入で発売されるグッズの「新しさ」

 オナホ業界にも新しい会社が参入することがある。そして、商品名や外観は目新しくとも、内部構造がどこか既存商品に似通ったオナホが登場する。これは新しいブランドが立ち上がるたびに繰り返されている流れでもある。仮にゲーム業界で、振興メーカーが「我々としては今まで作ったことのないゲームなので新作です」と言ってマリオカートそのままのようなゲームを発売すれば、即座にバッシングの嵐にさらされるだろうが、オナホ業界ではそういった話はなかなか聞かない。メーカーにも、自社ブランド内で様々な商品ラインナップを揃えたいという目論見があるのだろう。

「大当たり以外はハズレ」という解釈

 多くの人は、そこそこの評判のラーメン屋を食べ比べるよりも、最高に美味いと思えるラーメンを食べるほうが満足するだろう。それに、似たような味のラーメンをわざわざ細かく評価する人はラーメン通ぐらいのものだ。同レベルのオナホの細かな差を見つけて評価するのは少数のオナホレビュアーであり、ユーザーの多くは自分にとってより気持ち良いオナホさえゲットできればおそらく満足するはずだ。それに、もしお気に入りで10点満点のオナホを所持しているなら、例えそこそこ気持ち良いオナホに出会ったとしても「まあ大したことはないな」と”ハズレ”に分類されるだろう。

誰かにとってはアタリ、でもあなたにとってはハズレというオナホ

 ある男性が「自分はチンコが敏感すぎるので、どんなオナホを使っても刺激が強すぎて萎えてしまう」と悩んでいたため、筆者にとっては柔らかすぎてイケる気配ゼロだったオナホを試しにと勧めてみたところ、これぞ欲しかったオナホだ最高だ、と喜ばれた経験がある。チンコで感じる感触というのは大きな個人差があるようで、単なる好みだけではない感じ方の差が、各々バラバラのオナホに対して当たりだと考える原因になっている。多くの人が認めるオナホが大ヒット商品として有名になる陰で、一部の人にだけ愛されるオナホが意外と息の長い商品になったりしているのかもしれない。しかし、それが好きではない人からすれば、ハズレ商品が溢れているとも見ることができる。

あっちのハズレがこっちではアタリ?

 オナホの内部構造はいくつかの種類に分けられるが、各系統ごとに複数のメーカーから多数のグッズが出ているのは確かだ。そして、ここで悩ましいのが「似ている構造でもメーカーによっては気持ち良さに優劣がある」という現実だ。構造が似ていても、メーカー独自の素材を使うことでなぜかあっちよりも気持ち良いとか、内部構造の微妙な差が、大きな快感の差を生むこともある。これもまた、ギャンブル性のひとつだ。


 こうしてみると、各メーカーが様々なラインナップを打ち出そうとして、ユーザーの方はそれぞれ好き嫌いがあり、全員が納得するオナホというものは難しく、どれも似ているようで微妙に違いがあり、その差がスルーされることもあれば拾われることもある、といったいくつかの要素が絡み合って、個人視点だと当たりハズレの多いギャンブル的な業界(商品)に見えている、という構図が浮かんできた。おそらくどの要素も改革することは難しいだろう。ならばせめて、各メーカーに発明への挑戦という灯が消えないことを期待するばかりだ。模倣品だけに埋め尽くされる時、それは業界の終わりを意味する。そんな未来を筆者は望まない。
それでは今回はこれにて。
 2015_04_29


 筆者はオナホのパッケージを眺めるのが趣味のひとつだ。アダルトグッズ店に行き、気配を殺してじっくりとパッケージを眺めていると楽しい気分になってくる。それどころか、さっきまで悩んでいたことが別段大したことではないようにすら思えてくるので、オナホのパッケージには心的ストレスを軽減する効果があるのではないかと考えているぐらいだ。

 ところで、オナホのパッケージには様々なタイプのイラストが描かれているが、このイラストをエロ漫画家が担当している事例は少なくない。特に2010年代はその割合も増えている(特にPPPというメーカーは各種コラボによる商業系作家のイラストがパッケージを飾ることが多く、賑やかで良い)。そこで今回、エロ漫画も大好きである筆者は、オナホのパッケージにイラストが使われたことのあるエロ漫画家の一覧を作ってみることにした。以下、現時点でわかっているお名前と、担当されたオナホールの名前をひとつ記してある(複数のパッケージイラストを担当されている作家さんもいる)。並びはアルファベット順→あいうえお順だ。敬称は省略させて頂く。

・M&U /ヒメカノ
・Zトン /ふわとろしーぷ
・あかざわRED /ないしょのついんてーるず
・いぬぶろ /むぎゅっと!
・命わずか /プルプルにぷるふぁっかー
・上田裕 /ち◯っこアイドル さくら
・岡田コウ /TU・BO・MI
・琴義弓介 /舌姦
・さいだ一明 /だいしゅきホールド
・小路あゆむ /こちら布袋駅前つるぺたガール研究所
・師走の翁 /Your my idol!
・すめらぎ琥珀 /ぷにふわもっち
・唐辛子ひでゆ /スウィート・ペッパー
・東山翔 /幼尻ニンフェット Petit
・Hisasi /Jほーる!才谷りょう!
・ひょころー /かくしデレ
・藤崎ひかり /じゅーしーちぇりー!
・へんりいだ /あいらぶじぇーえす
・みなすきぽぷり /IPPONSUJI 01 みずほ
・メメ50 /欲情ギミック
・山崎かずま /エロマン
・夢乃狸 /異性の手帳 天野はるか
・横田守 /17
・リリスラウダ /よーじょ先輩のちいさなおくち

 なお、単発のイラストレーターをカバーしようとすると膨大すぎるため、この一覧は商業ベースでのエロ創作活動を行われている作家、特にエロ漫画作家に絞ってまとめている。すでに入手が難しく現物確認ができないオナホがあったり、ペンネームを伏せて描いている事例もあるらしいなど、データベースとしての精度を高めるには情報収集と追加更新が必要だろう。それでは、情報収集を継続しつつ今回はこれにて。
 2015_04_17


 セックスの技術(以下、性技と書く)を身に付けることは、自分にとってもパートナーにとっても望ましいことだ。性技を知らなくてもセックスはできるが、知っていれば楽しめる快楽の幅が広がるからだ。しかし、この性技というヤツが(特に男性において)どうにも自分本位で使用されており、女性の喜びに繋がっていないのではないかという想いが筆者の中に溜まっている。筆者はフェザータッチを含めた性技全般に強い関心があるものの、フェザータッチ以外は未だ上手くはないと認識しており、実際にダメ出しをもらうこともある。そうした指摘において、筆者自身に対してだけでなく、その女性にとっての過去の男性経験全体(さらには世間一般の男性像)までも含めてのダメ出しを聞かされる事がよくあるのだ。例えば次のようなものである。

・その性技が誰にでも通用すると思っている
・性技の効き具合を男の自己判断だけで判断している
・その性技のノウハウを完璧にマスターしたと思っている
・性技をたくさん知っていることが偉いと思っている

 …なんだか下の行ほど人格の良し悪しを示しているようだが(笑)、これらは実際に聞いたことのある指摘ばかりだ。どの事例もなかなかの思い違い君だが、筆者も同様の考えを持っていた時期があるので笑うことはできない。①性技の効く/効かないには個人差があり②その効き具合は女性の本音でしか評価できず③練度の正しい評価は相手からの評価のみであり④性技を覚えるのはパートナーと自分双方のため、というのは改まって言われれば皆が同意するだろうけれど、言われる前からいつも意識できていたかどうかとなれば、よほどセックスに真摯な人でなければまずいないだろうと思う。筆者が女性からこういった話を何度も聞かされている現状もそれを暗示している。

 また、重要な点として、こうした指摘を受けて「考えを改めるかどうか」という分岐点がある。どのような理由があって指摘をスルーするかは個々の問題だが、指摘を受け止めて直す、を皆が実現できているならこんなにも不満が出てくるはずがないのだ。と同時に、女性側にも「施された性技に対する素直な意見感想を伝えているかどうか」という分岐点もある。端的に言えば、性技を使えば何とかなると思い込むのが男性の落ち度で、性技改良のきっかけとなる感想を伝えないのが女性の怠慢ということだ。筆者としては、まずは同性でもある男性諸兄に「ちゃんと相手から意見もらいなよ!」と言いたいところだが、これは男女どちらから歩み寄っても構わない。結果的に改良のきっかけが共有され、性技の改良が進みさえすればいいのだから。

 さて、今回の話は筆者の体験を基にしていることもあり、性技を施すのは男性側という前提を持ってしまった読者もいることと思う。だが、女性が性技をする側に回っても全然OKなのだ。性技を行うのが女性の場合、その感想を伝えるのは当然男性の役目となる。「言ってくれればわかるのに…」はお互い様なのだから、パートナー相手のときぐらい…いや、パートナー相手ならばこそ、素直になるのが思いやりだと筆者は思う。それでは今回はこれにて。

 2015_04_12


 筆者がSMの世界に関心を持ち始めたのは2015年1月開催のフェチフェスが原因だが、体験するには専門の風俗店に行く必要があり、なかなか決心がつかないでいた。しかし、ロウソクならアダルトグッズ店で用意できて、相手も特にテクニック不要でやってもらえるということを教わり、3月の終わりに初体験となった。

 「ロウソクにもいくつか種類があります。そのなかには低温ロウソクというのがあって、熱さも緩いですよ」
火で溶けたろうがそのまま肌に触れる。当然、熱くないわけがない。しかし、一般的なロウソクよりも低い温度で溶け出すろうで作られたロウソクならどうだろう。ロウソクを垂らす高さを上げ、肌に触れるまでの時間を長くすることでろうの温度が下がるよう調整し、さらに身体の中でも皮が熱く鈍感な部位を狙えばどうなるか。それまで、ロウソクプレイを好む人達はよっぽど熱いのが平気か忍耐強いのだろうと思い込んでいたが、実は温度を制御するテクニックがあるということを知り眼から鱗が落ちる。経験者の言葉はさすがの一言に尽きる。

 今回は初めてということで、初心者にオススメだという「足裏」へのロウソクプレイをしてもらった。プレイ後に固形化したろうを剥がしやすくするため、足全体にローションを塗りこまれる(薄く延ばすので温感を下げる効果はない)。そしてロウソクに火がつくやいなや、みるみるうちにろうが溶け、筆者の決心が整わないまま準備だけ完了してしまった(笑)。しかしここで躊躇しては格好悪いと思い、勢いで「やっちゃってくださいィ!」と叫ぶと、うつ伏せに寝ている足元の方から「ぱらっ」という音に続いて「ボタタッ」という重い音が聴こえた。しかしこのとき、足裏に熱さはまったく届かない。ろうが間違いなく垂れ落ちたということは感触でわかっているのに熱くない。もしかして俺って熱に強いのか? などとよぎった次の瞬間、「熱ッーーーー!!」足指あたりにガッツリと熱が刺さってきた。一瞬油断したこともあり思わず脚が跳ね上がる。ところが、我慢できないと思われたその熱さは、ほんの数秒でフェードアウトしてしまった。遅れてやってくる熱さも意外なら、あっという間に去っていく熱さもまた意外なものだ。足裏に次々とろうが落とされるが、足裏表面で固まったろうが保護の役目を果たし、最初ほどの熱さはもう感じない。まだろうが垂れていない部位に触れた時だけ、鋭く短い熱が襲ってくるという感じだ。結果として、筆者は足裏であればロウソクプレイには充分耐えられるということがわかった。

 プレイ後、足に張り付いて固まったろうをパキパキと崩して除去する。初めての体験として無事に終わったことに安堵した。しかし、ロウソクプレイは始まったばかりであり、次回は足全体、その次は上半身、さらには性感帯…とステップアップしましょう、というのはロウソクプレイパートナーの弁だ。今回、性感を感じることはなかったが、乳首や脇腹、股間や尻など、何かが起きるはずだと期待できる部位はたくさんある。次回以降の体験脱もレポートを上げるつもりだ。それでは今回はこれにて。

 2015_04_10


B
A
C
K

T
O

T
O
P