FC2ブログ


オナホ紹介「サキュ手裏剣」

カテゴリ: アダルトグッズ  

 久しぶりに商品紹介記事を見ただけで勃起した「サキュ手裏剣」が朝一番に届き、もちろん即使用、賢者タイムながらこの素晴らしさを伝えずにいられないとキーボードを叩いている。もうとにかくゲットして良かったという嬉しさばかりで、さっそくお勧め要素をご紹介しようと思う。なお正確な商品名は「半熟サキュバス外伝 淫魔忍法サキュ手裏剣 超コラボ ホットパワーズギャップ2層タイプ」だ。

◆ 内部構造の素晴らしさ
 写真はホットパワーズHPの紹介記事をご覧頂きたい。出し入れする際にはいくつもの山と谷を次々と乗り越えていく感触、回した際にはチンコ全体をたくさんの指で撫でられているような感触、それぞれが確かな快感を生み出している。大きく波打つサイン波状の山とは別に全周に渡って仕込まれた細かな横ヒダは出し入れする際のゾワゾワした快感を生み出し、さすがホットパワーズわかっているな!と思わず膝を打つ。

◆ 柔らかいのにしっかりした刺激
 二層構造で外が柔らかく内側が固めという組み合わせが正解のひとつである事実は、オナホレビューの大御所であるオナホ動画.comにて同コンセプトのオナホがおおむね高評価を得ている傾向を見るだけでも納得してもらえると思う。内壁の新構造を楽しむために内側に固い素材を選んだメーカーの選択は間違いなかったと言えるだろう。それでいて押し付けがましい固さや刺激は一切ない。

◆ 出し入れして良し、回して良し
 出し入れした時に最高のポテンシャルを発揮するオナホ、回転させた時にコンセプトを発揮するオナホ、それぞれはこれまでにも存在していたが、そのどちらもが程よいバランスで両立しているオナホは筆者の知る限り今までになかった。どちらか一方の刺激に限定すればサキュ手裏剣より気持ち良いオナホはあるが、このオナホは使用中その瞬間の気分で好きな方の感触を楽しめるので、オナホを使っている最中に一度は頭をよぎる「あ…今あっちのオナホ使いたい」という邪念にオナニーを邪魔される心配がないのだ。このバランスを実現したサキュ手裏剣(とメーカー)はちょっとどうかしてると思う。

◆ より気持ち良くなるために
 ローションはできるだけ水っぽいものがよい。濃いローションしかなければ水で薄めてもいい。付属していたローションそのままでは濃すぎたため、一度洗ってから水滴そのままにローションを入れてよく混ぜて挿入してみたところ明らかに刺激も増して気持ち良くなった。例えるなら「使っている最中にローションがポタポタ垂れ落ちてしまうぐらい」水っぽくすることをお勧めする。濃いローションでは細ヒダの感触も絡みつく突起部の刺激も半減という感じだ。
 また、動かす速度も大変重要だ。メーカーの紹介記事でも「ゆっくりめに動かすのが快感のポテンシャルを引き上げるのに不可欠です。1~1.5秒に1回くらいのストロークがオススメ!!」と書かれており、まったくその通りだった。射精を誘発するために一時的に素早く動かすのは構わないが、射精が迫ってきたらぐっと我慢してゆっくりとした動きに切り替えれば、射精中、そして射精後の余韻に至るまで、優しくも容赦ない最高のサポートを得られるはずだ。

◆ マイナス面について
 二層構造のうち外側に使われている素材がかなり柔らかく、素早い動きなど行うにはしっかりと握る必要があるのだが、そうすると「柔らかな包まれ感の内側で確かな刺激を感じる」というせっかくの感触が握力によって邪魔されてしまう。もし可能であれば筒状の容器に収めるか、あるいはタオルで包んで補強する必要性を感じた。
 あとはメーカーでも注意喚起しているとおり洗浄の際には裏返しにしない方が良い。二層構造のオナホは根本的に裏返しに強くないので、裏返して洗えないのは二層構造オナホすべてに言えるデメリットではあるが、念のため触れておく。


 お勧め要素の紹介は以上だ。この記事を書いている最中にムラムラしてもう一度使ってみたが、その素晴らしさを再度確信するばかりだ。サキュ手裏剣、オナホ好きの皆様に全力でお勧めする。それでは今回はこれにて。

ホットパワーズHPリンク

追記:筆者は乳首が性感帯なのでオナニーの際必ず触っているが、サキュ手裏剣を使う際に乳首愛撫も忘れて絶頂まで楽しめたことを付け加えておく。
関連記事

 2018_02_09

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P