FC2ブログ


【アンケート募集結果】俺なりのオナホの使い方あれこれ

カテゴリ: アンケート  

 筆者ツイッターアカウントで募集した「正しくはないけど俺なりに気持ち良いオナホの使い方」について、17名分の使い方を公開する。募集当日から振り幅の大きさに笑わせてもらった。

◆性能強化派
・オナホがぴったり収まるサイズのタンブラーにセットして驚異的なバキュームを楽しむ。

・非貫通タイプを貫通させてフィニッシュを外出しすることで連続使用を楽しむ。(中出ししたオナホ内部は当然精液まみれであり、その使用感を嫌う人は多い)

・ソフトタイプのオナホを広げてハードタイプに被せ、超絶な締め付けを楽しむ。なお、これをやるとソフトタイプのオナホは数回でダメになる。ハイコストオナニー。

・長方形や楕円など偏った断面を持つ筒に収めて使う。八方からの締め付けとは違った快感。薄型の壁掛けティッシュケースにオナホを押し込んで、無茶な狭さのホールに亀頭だけ押し入れるオナニーなど。

・オイルヒーターの上に置いて適温に温めることで快感増大。

・貫通型オナホにあえて逆側から挿れる。

◆イメージ補強派
・挿入後にタオルなどを巻いてオナホを保護し、さらに紐を利用して腰に密着させたまま固定しタイマーをセット、制限時間中はオナホに触わらないというプレイ。腰を振るとちょっとだけ動くのが、焦らされているようでたまらない。

・メリハリのないダラダラとした快感(極微弱)を10分以上かけて楽しむ用に、手の握り感が伝わらないカップタイプのオナホでわっしょい。

・オナホ亀頭責め。オナホに根元まで挿入、オナホの上からペニスの根元を手で押さえ、オナホの先端部を亀頭中心にぐるぐる回す。亀頭に刺激が集中するのでなかなかイケないのに気持ち良い。果ては射精したあとも回し続けることで、男の潮吹きができる。アネロスを入れた状態がお気に入り。

◆オナホはチンコだけで楽しむんじゃないんだよ派
・パタパタ折りたためるタイプの風呂の蓋を緩めに巻き、中心にできる穴にオナホをセットして、クンニプレイ。さらにそのまま、シックスナイン状態にして逆手でご褒美もらうセルフイメプレ等。

・車のシフトレバーに被せると極太なナニを触ってる感覚になるので好き。

◆オナホはひとりだけで楽しむんじゃないんだよ派
穴を開けた箱にオナホを入れ、箱の穴に指を入れるとちょうどオナホにも指が入るようにして固定→ 薄めたローション入れておく→ 「指洗浄機だ」と嘘をついて他人に指を突っ込ませる→ ネタバラシ。なお、この遊びで友人にオナホ奪われたとのこと(笑)。

◆オナホは味覚でも楽しめるよ派
オナホのホールにゼラチンと好きな飲み物を同じ分量で入れる。冷蔵庫で一時間ほど冷やして固まったらオナホ寒天の完成! もちろん食べれるし、ジュースを混ぜずゼラチンだけにしておけばそのまま挿入も可能。

◆飲み物使うけど味わうとは限らないよ派
ウォッカを瓶の蓋一杯、ローションもいれて、最初はあまり動かさずに、アルコールが効いて亀頭が敏感になったらディープスロートするのが気に入ってる。(補足:組み合わせ失敗だった酒は? という質問に「チューハイなど砂糖が混ざってるモノはダメ。私の場合はブランデーなど香りの強い酒も合いませんでした」とのこと)

◆ポリスにご注意派
オナホを装着してそのままズボンを履き外出。興奮度マックス!

◆むしろ便利派
・「妹おっぱい2.5次元」を、マウス操作するときに手首にあててると不可無く操作でき、かつ、とても気持ち良い。

・夏でも若干ヒンヤリしてるのでPC見ながら太ももに乗せてピタピタさせてる。

◆同時期に宇宙人にさらわれ記憶改ざんを受けた疑いがある派
・据え置きタイプのオナホをホッカイロ等で温めてから枕がわりにすると気持ちいい。

・据え置きのトルソー型オナホに肌触りの良い女児服を着せて最強の枕に。内部が空洞なので頭を置くとちゃんと沈み込んでくれて使用感も悪くない。

・大型のケツ丸ごとタイプのオナホにブルマを履かせて枕にしたり。

・オナホじゃないけど、おっぱいグッズはマジで枕にいい。

◆オナホ行方不明派
風呂の蓋を巻いた状態で簡易ダッチワイフ的に使用したりしてはかどる!

◆オナホメーカーに謝りなさい派
エアガンの標的にしてる動画あったんですがそういう使いみちどうでしょう?

◆オナホ職人の朝は早い派
チンコより指の方が感触わかりやすいので、指でいじってどうやって作ってるのか想像して、職人魂を感じ取る。

 いかがだったろうか。なお、集計においてはほとんどのご意見が重複することなくバリエーションに富んだまとめになった(そんな中での枕派の重複が異様だ(笑))。性能強化とイメージ補強はマジで使えるし、これらをふまえてさらに斬新な使い方を模索するのもいいだろう。オナホは可能性に満ち溢れている…ぜ! それでは今回はこれにて。
関連記事

 2015_11_07

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

B
A
C
K

T
O

T
O
P