FC2ブログ


ウィダニーの発展

カテゴリ: オナニー  

 最近はウィダニーにハマってしまい入浴のたびに楽しんでいるが、前回の記事(→記事リンク)で触れたいくつかの要素に進展があったので、今回はウィダニーに関する続報や新発見をご報告する。

クラッシュ蒟蒻畑
 前回の記事で「クラッシュ蒟蒻畑は、ウィダーインゼリーに比べて飲み口が太いこととゼリーの弾力の強さから、圧力をかけてもゼリーが入っていかない」と書いたが、そもそもパックの握り方次第でゼリーの出やすさが変化するとわかった。握り方がまずければゼリーの圧力が高まらないため、尿道の状態に関わらずゼリーは入っていかない。ウィダーインゼリーと比べていよいよ上級者向けという感じだ。

 また、ゼリーが崩れにくいため、比較的大きなゼリー片が無理やり侵入してくることになる。それが強力な異物感を生み出している反面、膀胱に達したゼリーが排泄できなくなるのではないかという心配の原因にもなっている。「いや入ったものが出ないわけはないだろう」筆者もそうであって欲しいが、蒟蒻畑を使った翌朝の排尿は困難だったという経験者の言もあり、慎重にならざるを得ない。筆者はパックをよく揉み込んでなるべく細かく砕いてから使っているが、それでもゼリーの粒はウィダーより小さくなることはなく、今日までに注入した分がすべて排泄できたのか正直なところ自信はない(汗)。異物感を楽しむだけなら、膀胱へ到達させないようにするのがひとつの対策になるだろう。

 なお、蒟蒻畑クラッシュでのプレイ3回めあたりで「もう尿道も慣れただろう」と、買ってきたそのままでく無理やり注入したところ、どうやら尿道が限界以上に拡張されてしまったようで、プレイ後の排尿で激痛を味わうハメになった。蒟蒻畑を使われる際はくれぐれも注意されたし。

経口補水ゼリー
 尿道へ挿入する異物を殺菌・消毒することはプレイのお約束だが、それは異物として食品を使う場合でも必要だと考える。ウィダーインゼリーなどパウチ処理された食品は製造時に殺菌処理されているので充分安全だと思うが、より衛生的な物があるならばそちらを選びたくなるのが消費者心理というものだろう。そこで試してみたのが「経口補水ゼリー」と呼ばれるものだ。フルーツ系の味付けがされていたり一部果汁が含まれているウィダー類と違って添加物が少なく、香料も控えめなあたり、いかにも尿道注入に適した雰囲気がある(気がする)。また、一部の経口補水ゼリーはウィダーより価格が安く(100円未満のものもある)、これで気持ち良さが充分であれば最高の注入グッズになる……はずだったのだが、残念なことにゼリーの弾力がまったく足りずほぼ液体という感じで、異物感は無きに等しいというものだった。まあ、飲みやすさが求められる経口補水ゼリーが高弾力で崩れにくいワケがないのだが(笑)。これについては一度試してそれっきりだ。


 筆者はウィダニー後、膀胱内に残っているであろうゼリーを速やかに流し出すため、尿が溜まるのを待つのではなくウィダーのパックを利用して湯を膀胱に注入し排泄するという対応をしている。医療関係者が聞いたらきっと心配よりも先に呆れられるだろうが、今のところは膀胱炎も起きずに済んでいる(あくまで個人的な話であり、同プレイでのリスク回避の保証はできません)。

 さて、最初は単なる膀胱洗浄の目的だったこの「湯の注入」が、最近新たな快感になり始めたのでご紹介しようと思う。その名も「オシッコ我慢の限界突破プレイ」だ。読者の皆様も、やむを得ずオシッコを我慢しなければならない場面に遭遇した経験があると思うが、特に男性においては溜まりに溜まったオシッコを出すときにムズムズした快感を感じた人が多いのではないだろうか。あの快感、おそらく尿道括約筋の緊張が一気に開放されることで前立腺あたりの尿道が拡張されて、前立腺が圧迫刺激されているのが原因だと筆者は推測している。

 そこで湯の注入だ。まずパック1つ分の湯を注入し、さらにもう一度パックに湯を入れ(5割程度)尿道口へ押し当てる。これで準備完了だ。そのまま排尿すると排泄された湯はパック内に溜まっていくのだが、すぐにパックが満タンになりそれ以上排泄することができなくなる。すると、行き場を失った湯が尿道括約筋を押し広げ、あの感覚が再現されるのだ。さらにここで、パックを持っている手を一瞬だけ握りこんでみると、その圧力が湯を伝わって尿道括約筋まで届き、前立腺あたりを直接ツンツンとノックされているような刺激を得られる。これが筆者にはたまらない快感となるのだ。いまやウィダニーはこれを行うためにやっているという状況ですらある。

 ただし、すでに尿道内の圧力はかなり高まっているので強く握り込むのは危険だ。指先だけを曲げるような小さな握り込みで充分に刺激を得られる。少しでも痛みを感じたなら即座にパックを引き離して排尿すること。そもそも最初に注入する湯の量も、自分の身体の様子をよく観察しながら加減すること。挑戦される方々においては、非常にリスキーな行為であることを充分ご理解頂きたい。

終わりに
 というわけで、今回の報告は以上だ。これ以外にも試そうとしたグッズはあるが、失敗に終わるか事故が起きる予感がして避けたりしている。特に、どんなに柔らかくても元は固かった物や溶けにくいものが含まれているなら試さない方が無難だろう(例:麺類)。また、液体は注入が容易である反面、限界を超える時も一瞬だという危険がある。筆者も自分の身体を過信せず、慎重なプレイを心がけたいと思う次第だ。それでは今回はこれにて。
関連記事

 2016_04_26

Comments

ポカリスエット ゼリー 

コンビニ限定の販売(\183)みたいですが、試してみました。
蒟蒻畑よりも柔らかく、どちらかと言えばウィダーインに近い感じ、適度にクラッシュしてくれます。
あきら  URL   2016-05-01 08:19  

No title 

菌は本当に気をつけた方が良いです。
自分もウィダーが無くなった後、湯を使って似たようなことをしたことがあったのですが、
まさかその翌日高熱で医者の世話になるとは思いもしませんでした。
幸い医者に対して変態プレイを告白するような事態こそ避けられたものの、まさに腎盂炎のような症状で生きた心地がしませんでした。
氏のことですから相当気をつけておられることと存じますが、体力が落ちてる時は本当に避けた方が良いと思います。いやほんと釈迦に説法だと思うんですけども、、、
長文失礼いたしました。
 URL   2016-07-06 00:27  

はじめまして 

女性の尿を飲むのが大好きな変態です。

ウィダニーにはまって二か月、氏と同じ方法でお湯の刺激つい今やってみました。
すぐに下腹部の左右に快感を覚えました。
射精時に左右に電気が走るようなあの快感です。

気持ちいいので少し強めに連続して続けると「あぁっ」と声が漏れ、
立っていられなくなります、、、

新しい快感に病みつきになりそうです。

少し菌が怖いので、次からはお湯の代わりにウイダー二本でやろうと思います。

御伝授ありがとうございます。また書き込ませていただきます。


けんじ  URL   2018-08-09 14:53  

 管理者にだけ表示を許可する

B
A
C
K

T
O

T
O
P