FC2ブログ


開放

カテゴリ: 雑談  

 これまでに様々なエロ関連の体験談を伺ってきた筆者だが、性別に関わらず「理想としているエロのイメージと、実際に日々体験しているエロの間に、少なからずギャップを感じている」という悩み・不満を持っている人が多いことを実感していた。読者も、そんな話を直接聞くまでもなく、巷にエロ関連の不満が溢れていることはとっくにご存知だろう。もちろん、満足している・充実しているという声だって多方から届いてくるが、そういう人達は筆者が何かを伝えなくてもエロ生活をエンジョイしているので全然構わない。今回は、エロのギャップを抱えていてそれを改善できないまま過ごしている人達への提案だ。

 エロに関するギャップや不満のケースは人それぞれだが、それらの悩みは大別すると①自分にはビジョンがあるがパートナーの協力が得られない②パートナーからは要求があるものの自分ではこれで充分だと思っている、この2つに分かれる感じだ。まあどちらにせよ「すれ違い」が原因ということに落ち着くのだが、エロについてはこれといった正解というものがないので、ふたりの理想としてどこを目指せばいいのか、何を目標にどんな手段を行えばいいのか、よくよく相談しなければ(していても)進む方向は簡単にズレていくし、そもそも男女で身体の仕組みも大分違うから同じ目標を共有することすら難しい。例えば、あるカップルが“より満足感のあるセックスをしよう”という目標を掲げて、かつ、ひとまずのゴールとして女性側の満足感を高めるという方針も相談して決めたとしよう。だがここで、男性は「より深くより多い絶頂を求めよう」、女性が「イケなくても気持ち良いと感じられる時間が長ければ充分満足だ」と考えたとする。ふたりの間にすれ違いが起きた瞬間だ。こうなると、一緒に楽しもうね♡ なんて言いながらいい雰囲気でベッドインしたにも関わらず、男性は絶頂を得られるような激しいプレイを頑張り、女性は穏やかでもいいからゆったり長い時間の快感を得たいのに…と思いながら激しい行為に付き合わされることになる。結果、お互いに大きな不満はなくとも、相手の反応に手応えは感じられず、なんだか煮え切らない気分で眠りにつくという形へ落ち着いてしまう。

 先の例は、お互いの行動を補正する相談さえ持てれば回避できるすれ違いではある。しかし、セックスに際して目的と行動予定を相談し、そのうえ作業的事務的な雰囲気は消し去って性行為に没頭できるなどという器用さを持ち合わせているカップルは少数派だろう。だいたい、そんなコミニュケーションを皆がちゃんとやれていたなら、エロに対する不満がこれほど溢れることはないはずだ。ということはつまり、エロい話や相談をカップル同士で話してセックス向上を目指すという行為そのものが根本的にハードルの高いものなのだと考えざるを得なさそうだ。

 さて、セックスに関して話したり相談するというコミニュケーションをとるのが難しいというのは、これはこれで改善して欲しい問題ではあるのだが、今回は解決しないものとしていったん脇に置いてしまおう。そしてここで筆者からの提案を持ち出してみる。それは

「目的を定めずにセックスしてみよう」

というものだ。言い換えると、セックスはこういう風にするべきだと思い込んでいる一連の流れを忘れよう、ということだ。何回イケばいい、何分やればいい、キスとフェラとクンニの順番、愛撫は性器からより遠い部位から始めるべきみたいなよくわからないルールらしきもの、AVで見た愛撫のやり方、ハウツー本で読んだ手ほどき、これらを全部忘れる。全部忘れて、パートナーとイチャイチャ甘い時間を過ごすことだけを目的として肌を重ねてみる。せっかく憶えたエロテクニックの数々など、この際全部使用禁止だ。そのかわり、その瞬間やりたいと思ったことだけ「してもいい?」と問いかけて、行為としてアプローチしてみる。

 するとどうだろう。お互いに理想とするビジョンがないから、すれ違わない。やりたいことはその場で了承を得るから、すれ違わない。ついでにセックスレスの大きな原因のひとつである「マンネリ」も回避されるので、マンネリ打開を望んでいるパートナーともすれ違わない。すれ違わないからギャップも不満も生まれない。いいことずくめじゃないか!

 まあ、もちろんこれは理想的な面だけを強調したものだ。途中で恥ずかしくなって止めてしまったり、結局普段と同じような愛撫や合体にだんだんと戻ってしまうだろう。しかしそれでいい。肝心なのは開放だ。お互い勝手に理想的だと思いこんでいるセックスからの開放だ。開放が難しいというのは要するに閉鎖的だということであり、セックスの流れが固定化され閉じたループに陥っているから、ちょっとぐらいのテコ入れで変わるようなものじゃない。冒頭から全く違う流れを作って無理やり矯正して、やっと「ああ、いつもと違うセックスができたぞ!」と脱出できるものなのだ。まずは全部忘れて、着衣でも裸でもいいから、ただ抱き合うところから始めてみてほしい。目的はリアルタイムに見つける。そして結果、お互いの希望が少しずつ叶うセックスとなることを期待する。

 今回の話、マンネリに悩んでいるという相談を頂いたのに「何か新しい事をしましょう」という当たり障りのない意見以外何もアドバイスできなかった経験がきっかけになっている。マンネリ化したセックスはひとつふたつ新しい技を持ち込んだ所で全体の流れは変わらないし、違う流れのセックスを構築するというのもかなり難しい(できたとしても、普段のセックスに及ばない可能性が高い)。考えているうち、どこかで耳にした「子供が毎日でも砂場で遊んでいられるのは、そこにただ砂がある以外、遊び方のルールが何もないからだ」という例えが腑に落ちて、ならばセックスも何も考えず始めてみるのが良さそうだという結論に至った。筆者自身も成果を期待している。それでは今回はこれにて。
関連記事

 2017_01_04

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

壁埋まり夫

Author:壁埋まり夫
エロいことすべてに興味あり。フェザータッチや耳愛撫の素晴らしさも伝道中。

twitterリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P